GUあのモデルは誰 「バーチャルヒューマン」の素顔

日経クロストレンド

「GU」が広告に起用したバーチャルヒューマン「YU」。モバイル通信の5G化でもバーチャルヒューマンは注目を集める
「GU」が広告に起用したバーチャルヒューマン「YU」。モバイル通信の5G化でもバーチャルヒューマンは注目を集める
日経クロストレンド

「GU」の広告に起用されるなど、広告業界で注目を集めているのが「バーチャルヒューマン」だ。CGながらリアルな人間と見まがう容姿を持ち、SNSなどで情報を発信。コロナ後のキーテクノロジーとしても期待を集める。GUに加え、バーチャルヒューマン事業を手掛けるatali(東京・渋谷)の神林大地最高経営責任者(CEO)に話を聞いた。

3月9日、ファーストリテイリングのブランドである「ジーユー(GU)」は、20年春夏の新作プロモーションのため、WEB限定ムービーの配信を開始した。注目を浴びたのが、モデルの中条あやみ、女優の水川あさみと共に登場し、新作の着こなしを披露したもう1人のモデル「YU」。彼女はCGで作られたバーチャルヒューマンであり、GUというファッションのメジャーブランドが広告で起用することは、大きな話題を呼んだ。

バーチャルヒューマンといえば、米国発祥のミケーラ・ソーサが象徴的な存在だ。16年にインスタグラムのアカウントを開設して以来、多数のブランドとコラボし話題に。インスタグラムのフォロワー数は今や230万人を突破し、一躍トップインフルエンサーとなった。日本でも、18年にピンクのボブが印象的な「imma(イマ)」が誕生。ポルシェ ジャパンやスキンケアブランド「SK-2」のプロモーションにも起用されるなど、活動の幅を広げている。

それに対して、GUのYUが斬新なのが、ミケーラやimmaなど既に存在するバーチャルヒューマンを「演者」として使うのではなく、GU専属として、独自に一からつくってデビューさせたことだ。しかも、体形は身長が158センチの中肉中背で、手足がすらりと長くモデル体形である共演者の中条あやみや水川あさみとは明らかに異なるスタイル。だが、この極めて平凡な体形のバーチャルヒューマンを起用することにこそ、GUの狙いがある。

GUのバーチャルヒューマン「YU」は、一般女性の平均的な体形でリアルな着こなしを訴求

バーチャルヒューマンをブランドの顔に

GUは、他の著名なファッションブランドがそうであるように、これまで新作では女優やモデルを使ってプロモーションを展開してきた。しかし、そうした広告は世界観を伝えるのには有効なものの、「モデルのようには着こなせない」と、消費者にとって実際に自分が着用するリアルなイメージにつながりにくいのが課題だった。一方で、店員が着ているのを見たり、SNS上で一般ユーザーが着こなしたりする投稿画像がきっかけで、購買や試着につながる場合が多いことが分かっていた。「つまり、生活者に寄り添うためには、一般の方の幅広い体形に合った着こなしが可能なこともアピールする必要がある。そこで、体形を訴求したいテーマに合わせて変えられるバーチャルヒューマンであれば、顧客が求める『リアルな着こなし』を提案できると考えた」(GU)

バーチャルヒューマンの制作過程では、ランダムに選定した一般女性200人の身体を計測し、平均データを参考にしながらCGでボディーモデルを作成。それに、コンセプトやキャラクター性を考慮してリアルに作り込んだCGヘッドを合成し、YUを完成させた。平均値を参考に作った体形だけに、一般女性にとって新作の着こなしがより自分ごと化しやすく、試着や購買の動機付けがしやすいのが利点だ。

GUでは、YUを今後様々なプロモーションに積極的に登場させ、ブランドの顔として育てていく計画だ。バーチャルヒューマンをCMなどに単発で使う例はあるが、GUのようにブランドのイメージキャラクターとして継続して起用するのは、他にはあまり見られない先進的なチャレンジ。「YUでは、季節や時節、利用シーン、アイテムの種類に合わせて体形を自在に変化させるなど、生身の人間ではかなわないことを行い、より顧客に寄り添った、バーチャルヒューマンならではの着こなしを提案していきたい」(GU)

注目記事
次のページ
バーチャルヒューマンを作るのは難しくない
今こそ始める学び特集