トヨタ・ヤリス 意外に力強い発進、課題は閉塞感今回の目利き 米村太刀夫氏

トヨタ自動車の「ヤリス」は国際的にはBセグメントの小型車だが、欧州ではこのクラスのクルマには優れた車種が多く存在し、ヤリスはこれらに真正面から勝負をかけたクルマだ。日本仕様のヤリスは搭載エンジンで分類すると、すべて3気筒で1.5リットル+電動モーターと組み合わされたハイブリッドを頂点に、1.5リットル自然吸気、1リットルの3種類が用意されている。

トヨタ自動車「ヤリス」

試乗車は廉価モデルの1リットルエンジン搭載車を選んだ。大人3人が乗り、発進時の力強さを含めた動力性能はまったく期待していなかったが、想定外に優れているのに驚かされた。一般路でのストップ&ゴーでは全く不満は感じられなかった。軽乗用車のノンターボ車と比較して、発進加速性能が優れていて使い勝手が良い。しかし高速道路の進入では、時速100キロまでの加速が少し鈍く、実用性ギリギリといったところ。

エンジン関係で困った問題がある。それは加速中盤ごろ、急激にエンジン振動と騒音が高まる領域があることだ。搭載されている3気筒エンジンがこの領域の回転時に何かと共振するためと想像している。早急に改善を望む項目だ。ハンドリングはとても軽快であり、ステアリング操作で思いどおりの方向に向かせることができて楽しい。「ステアリングの正確さ」などと表現しているが、ハンドル操作で狙ったラインをトレースできる点は高く評価できる。長時間の運転での疲労感も大幅に低減できるだろう。

米村太刀夫氏

乗り心地は普通。サスペンションのストローク感が大きく、タイヤと路面の密着感が高い点も大いに評価したい。室内の座り心地は、後席の足の下の狭さには不満があるが、このクラスのクルマとしてはギリギリ合格。エクステリアデザインは、かなり挑戦的。また世界中の大多数の人に好まれるための「主張」がにじんで見える。個人的にはもう少し限られた車体寸法から大きな室内寸法を得る工夫が欲しいと思う。最大のライバルであるホンダ・フィットと比較して、ヤリスの室内の閉塞感は問題だ。

(自動車評論家)

[日経産業新聞2020年6月11日付]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧