熱中症のリスク、マスクで高まるってホント?

日経Gooday

「マスクを着用していても、工夫をすれば熱中症は防げる」と三宅さんは言う。(C)Yusuke Madokoro-123RF
「マスクを着用していても、工夫をすれば熱中症は防げる」と三宅さんは言う。(C)Yusuke Madokoro-123RF
日経Gooday(グッデイ)

新型コロナウイルスの感染予防のため、これから本格化する夏に向けても、マスクの着用が求められている。そんな中、気になるのが熱中症対策だ。すでに30度を超える真夏日となる日が増え、マスクの着用で熱中症のリスクが高まることを心配する声も聞く。そこで、帝京大学医学部附属病院高度救命救急センター・センター長の三宅康史さんに、マスク着用での熱中症のリスク、予防策のポイントについて聞いた。

マスクで熱中症のリスクは高まる?

近年の夏は毎年のように厳しい暑さが続き、熱中症対策が欠かせない。今年の夏は熱中症対策に加えて、新型コロナウイルスの感染予防も必要になる。熱中症予防には、暑さが本格化する前に、少しずつ体を暑さに慣らしていく「暑熱順化」が大切だ。

しかし今年は、4月上旬から順次、政府が全国に向けて新型コロナウイルスの感染拡大による「緊急事態宣言」を発令。5月下旬に宣言が解除されるまで、外出の自粛やテレワークが続き、解除後も継続が求められる中で、「『夏の体』になる準備が十分にできていない人が多い」と、三宅さんは指摘する。

本来は、4月、5月、6月と徐々に蒸し暑くなっていく中で、通勤や通学、スポーツやレジャーなどの身体活動を行うことで、血管が拡張して血流量が増え、汗をかきやすくなるという、体の準備が整ってくる。打ち水をすると涼しくなるのと同様に、汗をかくとその汗が乾くときに体の表面の熱が奪われ、体を冷やす。また、その影響で体の表面を流れる血液も冷え、それが全身を巡ることでも、体は冷える。

「こうした準備ができないままに、通勤や通学が再開され、日差しがきつくなった屋外で活動する時間が増えれば、熱中症のリスクは高まります」(三宅さん)

さらに、マスクをすることで呼気も吸気も温められ、皮膚表面からの放熱が抑えられることでも、体は温められてしまう。ただし、マスクの着用が熱中症に直結するかといえば、「運動をする場合はともかく、普通に生活している分には、そこまでは考えにくい」と三宅さんは話す。

「『マスクをすると湿った空気を吸うことで、のどの渇きを感じにくくなり、水分をとらなくなるのでは』といわれることがありますが、のどが湿気を帯びれば感染症対策という意味では効用がありますし、マスク着用で呼気によって体から失われる水分が抑えられることで、脱水を避けられる側面があります」(三宅さん)

三宅さんは、「マスクを着用していても、涼しい環境で過ごすことを基本として、マスクを適宜はずす、冷房の効いていない場所で過ごすときには冷たい水で水分補給をするなど、ひと手間かける工夫をすれば、熱中症を防ぐことはできます」と呼びかけている。

マスクは状況に応じて、周囲に配慮しながらはずす

6月1日には、三宅さんも所属する日本救急医学会や日本感染症学会など4学会が共同で、「新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた熱中症予防に関する提言」を発表した。また、環境省と厚生労働省も、「令和2年度の熱中症予防行動」のリーフレット[注1]を作成し、活用を促進している。

[注1]https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000635213.pdf

5つの提言 今夏の熱中症予防の注意点

1〈室内換気と温度調節〉
屋内では換気に十分な配慮をしつつ、こまめにエアコン温度を調節し室内温度を確認する

2〈マスクの着脱と水分摂取〉
マスクの着用により身体に負担がかかるので、マスクは適宜はずして休憩をとる
はずす際は周囲の環境や人との距離に配慮する
のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を摂取する

3〈適度な運動と暑さへの慣れ〉
人との距離に注意しつつ、室内外での適度な運動で少しずつ暑さに体を慣れさせる

4〈孤立を防ぐ〉
一人暮らしの高齢者など熱中症のリスクが高い人が孤立しないよう、頻繁に連絡を取り合う

5〈体調管理と観察記録〉
日ごろの体調管理を行い、観察記録をつけておく

※日本救急医学会・日本臨床救急医学会・日本感染症学会・日本呼吸器学会による「新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた熱中症予防に関する提言」(https://www.jaam.jp/info/2020/files/info-2020601.pdf 令和2年6月1日発表)を基に作成

温度調節については、一般には室温が28度、湿度が70%を超える場合はエアコンの使用が勧められている。しかし、これはあくまで目安で、「日中は自分が最も過ごしやすく、夜はぐっすり眠れる温度を見つけて調整することが大切」(三宅さん)だという。

マスクの着脱も、状況に応じて行いたい。交通機関や公共施設、スーパーなど屋内でも人の多い場所ではマスクの着用が求められるが、そうした場所では冷房が効いているため、熱中症になるリスクは低い。注意が必要になるのは、屋外での移動や活動をするときだ。人との距離に配慮した上で、マスクを適宜はずして、休憩を取るようにする。

「暑い時期におけるジョギングなど屋外でのスポーツは、人と十分な距離をとった上で、マスクをはずして行うのが望ましい。難しい場合は、通常よりも休憩の回数を増やしたり、時間を長くしたりするほか、休憩の場所を日陰から冷房が効いた屋内に移したりする工夫を」(三宅さん)

運動自体は、汗をかいて体を暑さに慣らしたり、筋肉をつけて水分の保持力を高めたりすることで、熱中症になりにくい体をつくる。暑さが厳しくなる前に、朝や夜に散歩をする、屋内でスクワットなどの筋力トレーニングをするなどして、「夏の体」づくりをしていこう。

注目記事
次のページ
体重、血圧などを記録し変化を観察、水分摂取の目安にも
今こそ始める学び特集