42歳で乳がん発症 10年先の未来目指して迎えた愛犬

日経ARIA

土屋美樹さんとパグのダンクくん
土屋美樹さんとパグのダンクくん
日経ARIA

「ダンクは私が家にいるときはずーっと後をついてきます。トイレの中まで追いかけてきますよ」。その言葉通り、土屋美樹さんがキッチンのほうへ移動するとトコトコ、リビングに戻ってくればまたトコトコ。椅子に座って話し始めると、安心したように足元にうずくまります。しばらくすると、そのまま顔を床に突っ伏してスヤスヤ……。こ、これはもしや「ごめん寝」というやつでは!?

パグと一緒に一軒家で共同生活

女性のためのキャリアの学校「はぴきゃりアカデミー」を運営するはぴきゃり取締役の土屋さんの愛犬はダンクくん、6歳のパグです。土屋さんは、2019年から長年のビジネスパートナーである代表取締役の金沢悦子さん一家と一軒家を借りて一緒に暮らしています。ここでは土屋さんが講師を務める講座が開かれることもあり、家で仕事をする機会が増えたことで、以前よりもダンクくんと一緒に過ごせるようになりました。日当たりの良いリビングの前には庭もあり、ダンクくんにとっては格好の遊び場になっています。

実家では柴犬(しばいぬ)を飼っていたという土屋さん。一人暮らしを始めてから迎えた犬はダンクくんが2匹目で、初めて飼ったのは、1年前に14歳で天国へ旅立ったルークくんという黒のパグです。ずっと犬と暮らしたいと思っていた土屋さんが、ペット可のマンションに引っ越して念願かなって迎えた子でした。

ダンクくんが家族に加わることになった経緯を振り返ると、始まりは8年前、土屋さんが42歳のときに乳がんを発症したことでした。

土屋さんの足元でスヤスヤ
ぺちゃんこの鼻とくりくりの目…たまりません

「実はがんに気づくきっかけをくれたのはルークなんです。あるときから、一緒に寝ていると私の右脇のあたりばかりをなめるようになったんですね。左側に寝かせても、右側に移動してなめ続ける。何だろうと思っているうちに、右肩がつるような感じを覚えて、それからはやけに乳がんの情報が目に入るようになりました」

雑誌が床に落ちてぱらっと開いたのがピンクリボンのページだったり、夜中にふと目が覚めてテレビをつけたら映画『余命1ケ月の花嫁』をやっていたり。あまりに気になって病院に行くと、乳がんが見つかりました。ステージ3に入り、脇にも転移していました。

土屋さんいわく、「自分は仮想敵や越えたい壁みたいなものが見つかると燃えるタイプ」。乳がんに対しても、ショックを受けるよりも「とにかく結果が出るまでやれることを全部やるぞ」と意気込む気持ちのほうが大きかったそうです。

2019年に天国へ旅立った先代犬のルークくん。「自分が構ってほしいときは私の髪の毛をぐしゃぐしゃにする勢いでまとわりついてくるのに、こちらのタイミングで寄っていっても距離を保ちたがる。猫みたいな子でした」
注目記事
次のページ
乳がん治療後の目標に、もう1匹迎えることを決意