あいみょんが圧倒的 女性ソロアーティストセールス

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

ヒット曲を連発しているあいみょんがアルコールのCMに出演して『マリーゴールド』を弾き語ったり、LiSAはアニメ『鬼滅の刃』の主題歌『紅蓮華』で紅白に出場、Uruは『あなたがいることで』がドラマ『テセウスの船』の主題歌となりヒットするなど、女性ソロアーティストのシーンが盛り上がっている。その人気度を計るため、2016年以降にデビューしたソロアーティストを対象にCDの「アルバム」「シングル」と、「ダウンロード」のセールスを見ると、あいみょんの圧倒的な強さが際立っている。

2016年以降にデビューした女性ソロアーティストを対象に、アルバムで累計セールスが最多の楽曲ごとにランキングにした。なお、19年もしくは20年にCDリリースがなかったアーティストは対象外とした。データ提供はサウンドスキャンで、対象期間は16年1月1日~20年4月5日
あいみょん

「アルバム」「シングル」「ダウンロード」のセールスの指標は楽曲そのものにリスナーが直接お金を払った、いわば今の時点でのアーティストの“実力”だ。16年1月1日から20年4月5日までにリリースされた作品を対象に、アーティストごとに最多セールスとなったもので順位をつけた。

あいみょんはダウンロード50万突破

CDセールスで唯一10万枚を超えたのは、17年にデビューした、あいみょん。19年2月発売のアルバム『瞬間的シックスセンス』が19.3万枚を突破する。このアルバムには18年に大ヒットし、彼女の存在を世に知らしめた『マリーゴールド』も収録。同曲はダウンロードでもトップで、19年10月には50万ダウンロードを達成している(日本レコード協会認定)。

18年には『NHK紅白歌合戦』に出場、19年は初となるアリーナツアーを開催するなど、ライブ動員も急拡大している。ビルボードの「2019年 年間トップアーティスト」にも輝き、今や全世代の女性アーティストのトップと言ってもいいだろう。

注目記事
今こそ始める学び特集