クミコさんとの新曲 次の世代へつなぐ橋(井上芳雄)第70回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。クミコさんとのデュエット・シングル『小さな手/きずな』をリリースします。6月6日に先行配信が始まり、6月24日にCDが出ます。『小さな手』はつんく♂さんが作詞作曲された新曲で、明るいポップナンバー。『きずな』は湯川れい子さんが作詞、宮川彬良さんが作曲され、2005年に発表された名曲です。いろんな方が歌ってこられて、そこに僕たちも加えていただきました。どちらの曲も人とのつながりを歌っています。どんな時でも、いや、こんな時だからこそ、歌が必要だと信じています。

クミコ&井上芳雄

僕はクミコさんの大ファンで、お互いのコンサートにゲストで出るなどの交流があります。以前は『車輪』という曲でデュエットさせていただきました。今回の新曲『小さな手』は、つんく♂さんが今年出版される子ども向けの絵本の趣旨に賛同したクミコさんが僕に声をかけてくれて、家族の絆を一緒に歌うことになりました。クミコさんは、湯川さんが作詞、つんく♂さんが作曲された『うまれてきてくれて ありがとう』という子守歌を15年に出されています。つんく♂さんとは、そのときのご縁だそうです。

クミコさんからは直筆のお手紙をいただきました。子と親のつながりを歌うのに、ひとまわり世代が違う人と一緒にやれたらいいと思ったので、といったことが書かれていました。クミコさんと僕は、ちょうど親と子ほどの年齢差です。一方、僕も自分の子どもたちの世代に歌をつなげていきたいと思い、「是が非でも」と受けさせていただきました。だから、3世代が楽しめる歌になっていると思います。

つんく♂さんとは、クミコさんと一緒の時に初めてお会いして、曲についてのお話しをしました。最初は子守歌という話だったので、世代の違う2人が歌う子守歌で、しかも男女のデュエット……つんく♂さんは、いろんな曲のパターンを考えていたみたいです。3人で「子守歌というと優しいイメージだけど、みんなで踊ったりできるといいね」とか「『パプリカ』みたいな感じですかね」と話したり、クミコさんは「私たちは、樹木希林さんと郷ひろみさんの『林檎殺人事件』みたいな感じじゃない」って笑ったりしてました。どんな曲になるんだろう、と僕も楽しみに待っていたら、届いたのはアップテンポで勢いのある曲。一瞬びっくりして、「攻めた楽曲だなあ」と思いました。つんく♂さんとは初対面以来お会いしていないのですが、コロナが大変になってきた状況で、やっぱり明るくて元気の出る曲がいいと思われたのでは、と想像します。

レコーディングは3月の終わり、緊急事態宣言が出る前でした。『桜の園』の舞台げいこをしている最中に、何週かにわたって歌入れしたのですが、最後の頃はスタジオにいるスタッフがだいぶ減っていたのを覚えています。クミコさんとは「まさかこんなことになるとはね」と話しながら、歌う機会が減ってきていた時期とあって、「声が出るかな」とか言ってました。最初に『きずな』を録音したときは、スタジオの様子は普段と変わりなかったのですが、次に『小さな手』を録音したときは2人の間にアクリル板がありました。まさにコロナ禍の最中に生まれた歌になりました。

『小さな手』には、とある方がすてきな振り付けをつけてくれました。クミコさんと一緒に、踊りながら歌います。僕は歌の当て振りのようなことはあまり経験がないので新鮮です。そのミュージックビデオはこれから撮ります。いよいよ本格的に動き出すんだ、と気持ちが高まってきています。

注目記事
次のページ
物語の中の登場人物が歌うように
今こそ始める学び特集