無線マイクや転倒時に緊急連絡 最新自転車ヘルメット

新型コロナウイルスで自転車通勤が見直されていることから、前回「コロナ禍で注目の自転車通勤 グラベルバイクで快適に」で最新の自転車を紹介した。ただ、自転車通勤するとなると、こだわりたいのがヘルメットだ。スポーツ自転車はスピードが出るため、転倒した際のけがのリスクも高い。警察庁のデータによれば、平成26年から30年の間に自転車乗車中の交通事故で亡くなった人の6割以上が頭部に致命傷を負っている。また、別の統計によればヘルメットを着用していない人の致死率は、着用している人よりも2.5倍以上高いという(平成21年~30年)。

自転車用のヘルメットでは、ここ数年「MIPS」(マルチディレクショナル・インパクト・プロテクション・システム)と呼ばれる技術を採用する製品が増えている。これは外側のアウターシェルと内部のライナーがそれぞれ独立した構造になっている。頭部に衝撃を受けた瞬間に、ライナーだけが頭部と共にスライドして脳へのダメージを低減する仕組みだ。

実際の交通事故では体が回転しながら頭部に衝撃を受けることが多い。それに対応するため開発された。他にも、視認性を高めるバックライトやインカムを内蔵した製品など、多彩な機能をもつ最新ヘルメットをピックアップして紹介する。

後頭部に高輝度LEDライトを搭載

ベル「フォーミュラLED MIPS」 1万5000円(税別)

ベンチレーション(通気孔)が多数設けられたロード用ヘルメットは少々高価だが、軽量で通気性が良く、フィット感に優れるのが特徴。ロードバイクでのトレーニングやレースに限らず、真夏や距離の長い自転車通勤でも快適に使用できる。こちらのモデルは後頭部に20ルーメンのUSB充電式のLEDライトを内蔵し、自動車などからの視認性を向上させている。MIPS採用。重さは283グラム(Mサイズ)。

カジュアルなデザインでシーンを選ばない

レーザー「コンパクトAF」 5500円(税別)

レーザーはベルギー発の老舗ヘルメットブランドながら、日本人の頭にフィットするアジアンフィットモデルも展開している。コンパクトAF(アジアンフィット)はシーンを選ばないカジュアルなデザインと、優れた通気性を確保しながらリーズナブルな価格を実現しているのが魅力。

サイズはワンサイズ(54~61センチに対応)のみのフリーサイズ展開で、後頭部のダイヤルを回すことで簡単にフィット感の調整が可能なターンフィットプラス機構を採用する。重さは320グラム。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
機能が充実したアーバンモデル
MONO TRENDY連載記事一覧