YouTube、はじめしゃちょーが登録者数1位 嵐は?

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

日本のYouTubeの人気者を探るべく、主なチャンネルの登録者数をランキングにしてみた。総合ランキング1位は、登録者数約852万人の『はじめしゃちょー(hajime)』。2015年にYouTube JapanのテレビCM「好きなことで、生きていく」に出演し、YouTube以外の一般へも知名度を高めていった。実験やドッキリ、体を張ったネタなど様々なジャンルの動画を制作し、最近では“人をダメにするソファ”の紹介が480万回以上の再生数を叩き出している。

データは編集部調べ。チャンネル登録者数は4月21日時点。

2位は、日本のYouTuberの代名詞的存在のHIKAKINによる『HikakinTV』。超巨大スライムプール作りといった実験系やドッキリなどバラエティ色の強い動画や、商品紹介などを投稿。派手なリアクションや変顔を多用し、子どもたちからの絶大な人気を誇っている。

3位に入った『せんももあいしーCh』は、4人の子どもたちの成長記録を配信する元祖的存在。17年に配信された「奈良公園でシカにエサやり」の動画の再生回数は6.2億回を突破。動画のタイトルには英語が併記されるものも多く、海外からの視聴も意識する。

次いで4位の『Fischer’s-フィッシャーズ-』は、7人組の幼なじみの集団。その結成は中学3年にまで遡るという。ドッキリやゲーム、チャレンジ、大食いなどのバラエティ要素が強いコンテンツをメンバー同士の掛け合いで進めていく。女性YouTuberで登録者数1位の『Yuka Kinoshita 木下ゆうか』は大食い系コンテンツで総合5位。YouTuberになる前からバラエティ番組に出演し、芸能事務所に所属していた。

注目記事
次のページ
続く芸能人・有名人の進出
今こそ始める学び特集