コロナ疲れのイライラ作業も解消 ストレスフリー文具今旬ときめきステーショナリー

必要な分だけを切って使える付箋

付箋を使うとき、付箋の大きさと書いた文字の大きさが合わなかったり、ファイルに貼った付箋が取れてしまったりしたことはありませんか? そんな付箋のちょっとした不満をスッキリ解消してくれるのが、液状のりの「アラビックヤマト」で知られているヤマトが開発した「メモックロールテープ」という付箋です。

「メモックロールテープ ノート」の「罫線」(左)と「方眼」

「メモックロールテープ」は、好きな長さに自由にカットできるテープ型の付箋です。付箋を必要な長さに切って使えるので、様々なシーンで活躍してくれます。「メモックロールテープ」は、蛍光紙や強粘着など様々なタイプがありますが、新しく登場したのがメモ書きに便利なノートタイプです。フォーマットは「罫(ケイ)線」と「方眼」の2種類でカッター付きタイプの価格は各550円(税抜き)です。

好きな長さにカットして使えます

カッター付きのケースに入っているので使うときは、使いたい長さをロールテープの先端から出し、好きな長さにカットして使います。カッターの部分はプラスチックでできているので仕事中に間違えて握っても手を傷つけにくい素材になっています。付箋の横幅は50ミリで1ロールで10メートル使えます。透明なケースはテープの残量が分かりやすく、使い切った後はテープの詰め替え用もあるので繰り返し使えます。

ファイルやノートにぺたり

「罫線」の幅は7ミリ。メモが取りやすく、ファイルに貼って伝言メモに使ったり、To Doリスト、買い物リストに使ったりするのも便利です。方眼は一般的な5ミリ方眼。グラフや図を書くのにもおすすめです。付箋の裏面は全面のりになっているので、はがれにくく好きな分だけ使えるのでメモだけでなく、ファイルや書類のラベリングとしても利用できる自由度の高い付箋です。

紙のカドまでしっかり塗れる四角いのり

一般的なスティックのりは円筒形になっているため、紙の隅々まできれいに塗ろうとするとのりが紙からはみでてしまい、下に紙を引いてから塗ったり、はみださないように工夫をしたりという手間が面倒でした。紙や封筒といった四角いカドがあるものに対して使う最適な形という視点でつくられたのがコクヨの「GLOO(グルー)」シリーズのスティックのりです。

スティックのりのタイプは3種類

コクヨのGLOOは「貼る」を単なる作業ではなく、新しい価値を生み出す行為ととらえ、「貼るってこんなに変われる」をコンセプトに誕生したブランドです。佐藤オオキ氏が主宰するデザインオフィス「nendo」とタッグを組み開発されました。GLOOは、スティックのり、テープのり、瞬間接着剤、テープカッターの4アイテムありますが、特に注目したいのがスティックのりです。紙のカドまでしっかり塗るように四角い形にデザインされています。ボディーも四角くなっているため、デスクから転がって落ちにくいのがポイント。

それぞれのりの色が違います

のりのタイプは写真左から「色が消える」「しっかり貼る」「シワなくきれい」の3種類。「色が消える」タイプはのりに薄い青色がついていて、時間が経つとのりは透明になります。「しっかり貼る」タイプは、のりの色は白で粘着力が高いです。オレンジのキャップ「シワなくきれい」は新登場ののりで、のりの色は薄いオレンジ。紙のシワができにくくきれいに貼ることができます。価格はSサイズの「色が消える」「しっかり貼る」は130円(税抜き)で、「シワなくきれい」は140円です。

四角いのりがカドにフィット

のりを四角にするという案は今までも各メーカーでありましたが、四角いボディーに四角いキャップをはめると気密性が保ちにくいという問題がありました。そこでコクヨは独自の技術で、のりを四角の形状にし、キャップには丸型を採用することで気密性を保つという特許を取得しました。紙や封筒のカドまでスムーズに塗れるので、ストレスなくスティックのりを使うことができるようになりました。

ストレスフリー文具で作業効率をアップ

ノートにメモをとったり、封筒にのりを貼ったり……という作業は日常生活でちょくちょく発生しますよね。普段何気なく使っている文具ですが、ちょっと不便に感じている作業を毎日繰り返していると、その結果時間をロスしたり、ストレスがたまってきたりするものです。今回紹介したストレスフリー文具を使うと、コロナ疲れのイライラも解消できるかもしれませんね。

(文/写真 やまぐちまきこ)

やまぐち まきこ
年間300万PVを超える人気ブログ「フムフムハック」の編集長。文房具を中心に「読んでフムフム・ワクワクする」コンテンツを発信。雑誌やWEBで文具ライターとしても活躍中。フムフムハック:https://www.fumufumu89.com/
注目記事