powered by 大人のレストランガイド

リアルに飲み行った気分 擬似ワイナリーツアーで満喫

まるき葡萄酒に展示されている昔のボトル。現在のボトルと比較するとラベルの統一感に乏しい
まるき葡萄酒に展示されている昔のボトル。現在のボトルと比較するとラベルの統一感に乏しい

新型コロナウイルスを機に、オンラインを利用した新たなイベントが相次いでいる。「飲み会」に続き、新たにお目見えしたのは「ワイナリーツアー」。参加費は伴うが、事前にワイナリー産のワインが届けられ、それを自宅で味わいながら、画面上で醸造の現場や作り手の思いが聞けるバーチャルなワイナリーツアーを楽しめる。コロナ後もワイン好きらにとってはありがたい場となりそうだ。

ビデオ会議システム、Zoom(ズーム)を利用したオンラインワイナリーツアーを企画したのは阪急百貨店。同社はワイン持ち込み可能な飲食店を検索し、予約できるウェブサイト「Winomy(ワイノミ)」を運営しているが、ワイナリーツアーもこのサイトを通じ告知、応募を受け付けている。

まるき葡萄酒の工場に隣接して広がるブドウ畑。広さは0.5ヘクタールで、カベルネソービニヨンなどの品種が栽培中

初回の5月16日は午後2時から約1時間半、日本最古のワイナリー「まるき葡萄酒」(山梨県甲州市)とつなぎ実施、男女計約50人が参加した。ワイナリーの醸造責任者、薬袋(みない)才樹さんが説明役となり、醸造施設の現場や醸造所横に隣接するブドウ畑でどんなブドウ品種を栽培しているかなどについて解説した。

まるき葡萄酒は1891年(明治24年)創業で、現存する日本のワイナリーとして一番古い。創業者は日本人で初めて醸造技術を学ぶため1877年(明治10年)、フランスに渡った人物でもある。

参加者の手元には事前に同ワイナリーのスパークリング(300ミリリットル)、白(375ミリリットル)、赤(375ミリリットル)の3種類のボトルと、ブドウの木を含んだチップで燻(いぶ)したおつまみ「スモークド・タクアン」が届く。それぞれのワインに込めた作り手側の思いやこだわりに耳を傾けながら、リアルな飲み比べもセットに楽しめる趣向だ。

まるき葡萄酒の地下貯蔵庫を案内する醸造責任者の薬袋才樹さん

「ワイン貯蔵庫の樽(たる)の下に石を敷く狙いは」「ブドウ畑の面積は」「コロナの影響は」――。ワイナリーツアーの途中でも、参加者から随時、オンラインのチャット機能を利用し、疑問や質問が寄せられる。司会役の主催者側スタッフがそうした質問をつなぎ、薬袋さんがそれに回答する場面もしばしばあり、リアルなツアーと変わらぬやりとりも可能だ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト