寝るだけでストレッチ効果 オンキヨーの枕がヒット

日経クロストレンド

オンキヨーの「ミオドレ式 寝るだけストレッチ枕」。商品名の「ミオドレ式」はアンチエイジングサロン「ソリデンテ南青山」の独自の施術「ミオドレナージ」から
オンキヨーの「ミオドレ式 寝るだけストレッチ枕」。商品名の「ミオドレ式」はアンチエイジングサロン「ソリデンテ南青山」の独自の施術「ミオドレナージ」から
日経クロストレンド

音響機器メーカーの老舗オンキヨーが健康グッズを販売していることを知る人は少ない。ところが同社の「ミオドレ式 寝るだけストレッチ枕」は累計で1万個以上売れた人気商品。それは一体どんな枕なのか。そもそもなぜオンキヨーが健康グッズを販売するのか。担当者に聞いた。

理学療法士が考案、オンキヨーの異端児がプロモート

1回10分、1日2回、上に寝転がるだけでスタイルアップを目指せるという「ミオドレ式寝るだけストレッチ枕(税別9980円、以下ストレッチ枕)」。これを製造・販売しているのは意外にも、音響機器メーカーの老舗、オンキヨーだ。2020年2月21日には従来モデルと硬さの違う2モデルも追加され、直販サイト「ONKYO DIRECT」や公式ショップ「ONKYO BASE(東京・千代田)」で購入できる。

多くの女優やモデルが通うアンチエイジングサロン、ソリデンテ南青山(東京・港)の小野晴康代表が考案したこのストレッチ枕、実は販売数の累計が1万個を超えているヒット商品だ。18年9月29日、TBSテレビ系のバラエティー番組「王様のブランチ」の通販コーナー「ブランチショッピング」で取り上げられた際は、放映時間は3分たらず、販売期間もわずか3日だったが、4000個弱が売れたという。

アンチエイジングサロンと音響機器メーカーという異色のコラボレーション。仕掛け人はオンキヨーマーケティング部クロスマーケティング課エグゼクティブプロデューサーの亀井隆司氏だ。「(音響機器メーカーの製品だけに)音は鳴るんですか、とよく聞かれるが、オンキヨーの技術は一切使われていない」と亀井氏は笑う。

ストレッチ枕はレギュラー、ハード、ソフトの3タイプ。サイズはどれも縦54×横41×高さ10センチ、重量は約775グラム
T字型の縦棒の部分に背骨が沿うように横になることで大胸筋、腹直筋、腸腰筋を伸ばす

たまたま知人に紹介された小野氏と「何か一緒に仕事をしたいね」という話をしたのが、亀井氏がストレッチ枕を扱うことになったきっかけだ。実を言うとオンキヨーのストレッチ枕は、既に講談社から販売されていた「ミオドレ式寝るだけダイエット枕」が元になっている。しかし講談社の製品は空気注入式だったため、「ポリウレタン製の本格的な製品にしたい」という小野氏の要望を受け、亀井氏の部署で製造・販売することにしたという。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
上層部に直談判、3分のテレビ通販で4000個売れた
MONO TRENDY連載記事一覧