ネコも感染、コロナからペットを守るためにできること

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

2020年4月21日、米サンディエゴ動物愛護協会の病院で検査を受けるネコ。ニューヨーク州のネコ2匹が米国のペットでは初めて新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示したが、獣医師らは現時点でペットの検査を広範囲に実施することは推奨していない(PHOTOGRAPH BY ARIANA DREHSLER, AFP/GETTY IMAGES)

米国ニューヨーク州で、飼いネコ2匹が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のウイルス検査に陽性反応を示したと、2020年4月22日に米疾病対策センター(CDC)が発表した。米国では初めてだ。そのうちの1匹は、飼い主がCOVID-19感染と診断されていたが、もう1匹を飼っている家族では誰も陽性反応を示しておらず、このネコがどのようにウイルスに感染したのかはわからない。どちらのネコも軽い呼吸器症状があったが、回復が見込まれている。

専門家らは、ペットのネコが新型コロナウイルスに感染するのは非常にまれなことと知っておくべきと言う。飼いネコの感染は、世界中でたった3例(イヌでは2例)しか確認されていない。CDCによれば、現時点ではこの病気が逆にペットから人間にうつる可能性を示す証拠はない。

「ほとんどは人から人への感染です」と、米国獣医師会のマイケル・サン・フィリッポ氏はNBCの関連会社に語っている。「ペットがかかる可能性は非常に低く、コンパニオンアニマルでの症例はごくわずかです。ペットから飼い主にうつった例はひとつもありません」(普通の風邪など人間の病気の多くは人間に特定のウイルスなので、ペットに脅威を与えない)

メイン州の獣医診断研究所が最近行った研究で、数千匹のイヌとネコから採取した試料を検査した結果、感染は一例も見つからなかった。また、新型コロナウイルスがネコ同士でうつるかを調べた小規模な実験では、実際に感染しうることがわかったと初期のレポートで述べられているものの、ネコがこの病気を人間に広める媒介となることは示されていない。

世界中で300万人を超えるCOVID-19の患者が発生していることから、もしもペットが重大な媒介動物であるならば、とうにわかっていただろうと専門家らは言う。

ペットの健康を守る

多くの飼い主にとって心配なのは、ペットから病気がうつるかより、ペットに病気をうつさないかだろう。

ペットの健康を守るには、家族と同じように扱うことだ。同居者の誰かが感染したときは、隔離しなければならない。ペットにも社会的距離を保たせよう。CDCは、ペットを世帯外の人と接触させないことを推奨している。イヌを散歩させるときにはほかの人や動物との間を2メートルほどあけるようにし、ドッグランの使用は避けよう。専門家らは、ペットと触れ合う前と後に、人に対する場合と同様に手を洗うことを勧めている。

CDCと米国獣医師会は、現時点でペットの定期検査を行うことは推奨していない。

注目記事
次のページ
どんな動物に感染するのか?
今こそ始める学び特集