M-1王者ミルクボーイに大反響 IndeedのCM好感度2020年3月度 CM好感度月間ランキング

日経エンタテインメント!

CM総合研究所が発表する3月度の銘柄別CM好感度ランキングで、求人検索エンジン「Indeed(インディード)」が上昇して5位にランクイン。昨年末に漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2019』で初の決勝進出にして王者に輝いたお笑いコンビ・ミルクボーイをいち早く起用した新CMが、若年男性を中心に大きな反響を呼んだ。

Indeedの「ミルクボーイ 居酒屋編」。ミルクボーイの2人が、居酒屋の大将と客にふんして6秒という限られた時間の中で即興アドリブネタを披露する
CM総合研究所調べ

ミルクボーイはM-1決勝戦で、朝ご飯の名前を忘れたという駒場孝の「おかん」のために、内海崇がその特徴を聞き出していく「コーンフレーク」などのネタが大受けして優勝。一躍ブレイクして、今年は各メディアから引っ張りだことなっている。

Indeedでは、お笑い芸人が6秒間で即興ネタを披露するCMシリーズ「Indeed CMオンエアバトル」の新作として「ミルクボーイ 居酒屋」編を2月18日からオンエアした。内海と駒場がそれぞれ居酒屋の大将と客にふんし、2人が「仕事さがしはインディード♪バイトさがしもインディード♪」の歌を口ずさんだ後に、店内に流れるクラブミュージックについて駒場が「BGMこれで合ってます?」と内海に尋ねるなどのネタを披露する。

Indeed JapanのSenior BrandMarketing Manager(シニアブランドマーケティングマネジャー)の佐藤大樹氏は、ミルクボーイを起用した理由をこう説明する。「M-1王者という話題性と、一言では伝わりにくいIndeedの利便性や特徴を説明するのに適したネタのスタイルが、起用理由であり狙いです。Indeedは、ネット上のあらゆる求人情報を検索できる『求人検索エンジン』で、アルバイトも社員も業種業態に限らずあらゆる仕事を探すことができます。そのためユーザーは特定の層に止まらず、仕事を探しているあらゆる方がターゲットとなります。ミルクボーイさんを起用することで、老若男女問わず幅広い層にCMを楽しんでもらいながら、Indeedを知っていただくことを目指しました」

Indeedでは15秒とあわせて、30秒の特別CM「ミルクボーイ 社員募集」編と「ミルクボーイ バイト募集」編もオンエア。やはり居酒屋を舞台に、2人の掛け合いでIndeedをいじり倒す内容だ。M-1でのネタで有名になった「おかん」のフレーズも登場する。視聴者は面白くネタを聞きながら、自然とIndeedのサービスの詳細を理解できるという工夫が凝らされている。

調査モニターからは「M-1王者にもなったミルクボーイが大好き」「芸人ミルクボーイ、面白いから頑張ってほしい」「ミルクボーイが一気に好きになり、このCMは必ず観る」とミルクボーイの登場を喜ぶコメントが圧倒的。また、「毎回流行の注目されている芸人を起用していてとても良い」「旬の芸人さんや芸能人がいつも出ている。次は誰かな、とまた見たくなる」と「Indeed CMオンエアバトル」の企画自体も注目されている。CM好感要因は「出演者・キャラクター」が最も多く、「ユーモラス」「音楽・サウンド」「ストーリー展開」と続く。幅広い層から支持されており、なかでも10代男性からの支持が高い。

注目記事
次のページ
CM展開は新たなフェーズへ
今こそ始める学び特集