落語会相次ぎ中止でライブ配信 若手に加えあの師匠も立川吉笑

PIXTA
PIXTA

コロナ禍。あらゆる落語会が中止になって丸1カ月が経った。今回はこの1カ月を通して僕が感じたことを書いてみる。

3月上旬は1カ月くらいの自粛でなんとかなるだろうと、この事態を軽く想定していた。自分の中で潮目が変わったのは3月末の小池百合子・東京都知事の記者会見。それを受けて土日の落語会がまずはことごとく中止になった。その時に、自分なりに少しコロナウイルスについて調べてみて、どうやら当面は落語会の開催は難しい。しかもそれが低くない確率で半年とかもっと長く続くことが予想できた。そこから今後の動き方について真剣に考えるようになった。

「配信で得る収入」に自分で上限

3月の段階で動きの早い何人かの落語家が「テレワーク落語会」などを実行していたけど、その頃は自分としてはそこまで必要性を感じていなかった。急いで自分が何か落語に関するコンテンツを発信しなくても、すでに世の中にはCDやDVD、ネット動画などありとあらゆる名人の落語が残っているから、落語ファンを楽しませるための素材はたくさんあるだろうと。

それが例えば半年なり1年なり、長期にわたって落語会を開催できなくなるのであれば話は変わってくる。まずは生活費を稼がなくてはならない。少しは貯蓄もあるけど半年生き延びるのは残念ながら無理だ。また、おこがましい言い方だけど、ひょっとしたら何人かにとっては「立川吉笑の落語を聴く」ということが嫌なことを忘れられたり、癒やしになったり、楽しい気持ちになったりするきっかけだったかもしれない。1カ月くらいだったら「自粛期間が過ぎ去った後にまた落語会でお会いしましょう」と思えたけど、半年とか1年というスパンになるのであれば、気晴らし程度かもしれないけど、自分の芸を求めてくれている人には届けたい、そう思った。

4月に入って土日だけでなくありとあらゆる落語会は中止になる中、僕はいくつかの有料動画配信を始めた。有料にしたのは、癒やしを提供する目的なら無料にすべきだけど、その前に今後も落語家としての活動を持続できるように最低限の収入を確保しなければならないと考えたからだ。活動自体が継続できなければ癒やしを提供することもできなくなる。

一方で落語界の経済が停滞しているということは同様にお客様の経済も停滞している。全世界に発信できるネット配信とはいえ、現実的な購買層はそもそも自分を応援してくれている濃いファンに他ならない。つまりは母数が少ない。そこへの負担が大きくなりすぎるとすぐに持続できなくなってしまうから、自分の中で「配信で得る収入」の上限目標を決めた。具体的には月に12万円。それ以上は稼ぎすぎないことをルールに定め、これまでの活動からおおよその購入者数を予想して、12万円÷購入者数の値から販売価格を決定した(例えば購入者が倍に増えたら販売価格は半値で済むから1人当たりの負担は減ることになる)。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
ライブ以外の発信も磨く
エンタメ!連載記事一覧