ニコンCOOLPIX P950 2000ミリ相当の超望遠の威力

ニコン「COOLPIX P950」(ニコン公式オンラインショップ価格10万6040円=税込)。光学83倍ズームを搭載し、超望遠撮影ができる
ニコン「COOLPIX P950」(ニコン公式オンラインショップ価格10万6040円=税込)。光学83倍ズームを搭載し、超望遠撮影ができる

超望遠撮影が可能な高倍率ズームレンズを搭載し、野鳥や鉄道、航空機などを撮影するフォトグラファーに人気のニコン「COOLPIX P」シリーズ。そのラインアップに35ミリ判換算で24~2000ミリ、光学83倍ズームを積んだ新型「P950」が登場した。上位モデルの3000ミリ搭載「P1000」をギュッと凝縮した使いやすいカメラに仕上がっていた。

レンズ一体型のCOOLPIX P950はズングリとしたサイズ感だ。寸法は幅140.2ミリ、高さ109.6ミリ、奥行きは149.8ミリで、重量は約1005グラム(電池、メモリーカードを含む)。お世辞にもコンパクトとは言えないボディーだが、搭載している光学83倍ズームレンズがものすごい。

4.3~357ミリ(35ミリ判換算24~2000ミリ相当)のスペックで、遠くの小さな被写体でもファインダーいっぱいに映せる。太いレンズはだてではない。

しかも強力な手ブレ補正機能が搭載されている。補正効果5.5段という高性能なレンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能が実によく効く。水面を泳ぎ回る鳥を追いかけて撮影してもファインダー像が安定していて、よい瞬間を逃しにくい。なので画角の狭い超望遠域でも撮りやすく感じた。

もし超望遠域で被写体を見失っても、レンズサイドにある「クイックバックズームボタン」を押せば、一時的に広角側にズームアウトしてくれる。被写体を見つけてボタンから指を離せば再び元の画角にズームインしてくれるので確実に撮影できるというわけである。とても役立つ優れものの機能だ。

このほか、使いたい機能を割り当てられる「サイドダイヤル」が新設された。露出補正、ISO感度、ホワイトバランス、シャッタースピード、絞り値を割り当てられるので、COOLPIX P950をホールドしてファインダーをのぞきながら瞬時に各種の設定ができる。動きの速い被写体を撮っているときに、とても有効なダイヤルだ。

機能だけでなく、絵作りもなかなかのものである。1605万画素の裏面照射型CMOSセンサーは、ニコン独自の画像処理エンジン「EXPEED」と相まって、精細感がありクリアな写真を提供してくれる。高感度のノイズも少なく、光量の少ない環境下でも生き物などの撮影が行えるだろう。オートフォーカスも被写体をとらえてしまえば追随性がよく、快適に撮影することができた。USB充電やスマートフォンとの接続も可能なCOOLPIX P950、アウトドアライフのお供に活躍する異色のデジタルカメラだと感じた。

次ページで作例を紹介する。

注目記事
今こそ始める学び特集