新型コロナ危機 店舗なくてもコンテンツで戦う料理人

日経クロストレンド

「ツカノマノフードコート」のプロデューサーたち。左からディレクターの溝端友輔氏、クリエイティブディレクターの木本梨絵氏、総合プロデューサーの古谷知華氏、コンセプター/メディア担当の若尾真実氏
「ツカノマノフードコート」のプロデューサーたち。左からディレクターの溝端友輔氏、クリエイティブディレクターの木本梨絵氏、総合プロデューサーの古谷知華氏、コンセプター/メディア担当の若尾真実氏
日経クロストレンド

解体予定の東京・渋谷のビル1階に、2019年10月から4カ月の期間限定でオープンした「ツカノマノフードコート」。出店料を低く抑え、新進気鋭の料理人たちに店を開くチャンスを提供すると同時に、都市再開発の新たな形を模索する試みとして営まれたこの小さなフードコートは、20年2月15日、好評のうちに幕を閉じた。その仕掛け人たちで構成されるプロジェクトチーム「ツカノマノプロデューサー」が、今度は4月3日から期間限定で、個人がコンテンツを発信、販売できるプラットフォーム「note」内に「架空のフードコート」を開設し、料理人たちのコンテンツを配信し始めた。

4月3日にnote内にオープンしたウェブマガジン「ツカノマノ読むフードコート」。気鋭の料理人によるコンテンツを、フードコートのようにつまみ食いするイメージだという

基本購読料とサポート機能で料理人たちを支援

「ツカノマノ読むフードコート」と名付けられたこのウェブマガジンは、総勢15人のフードクリエイターたちが、15~20本の創造性にあふれた料理のレシピ付きコラムをオムニバス形式で公開していくというもの。総合プロデューサーの古谷知華氏らプロジェクトのメンバーは、これを「レシピ付きエッセイマガジン」と呼ぶ。参加する料理人は鯛骨拉麺や台湾料理、中東料理、フードロス料理、クラフトルートビアなどを手がけるいずれも個性的な面々。料理好きならずとも好奇心をそそられる。そんな彼らが繰り出すコンテンツを、フードコートのごとく読者につまみ食いしてもらおうというわけだ。

コンテンツは有料で、販売価格は3000円(税込み)。「アラカルト」として記事1本を500円(税込み)で購読することも可能だ。さらにnoteの「クリエイターサポート機能」を使い、購読者は各フードクリエイターに対し、100円から1万円までの金額で支援することもできる。

今回有料にした理由は、コンテンツの売り上げやサポート資金をすべて参加フードクリエイターに還元し、お金が循環する仕組みをつくるため。言うまでもなく、背景にあるのは新型コロナウイルスの感染拡大による経営環境の悪化だ。

「ツカノマノフードコート」のクロージングイベントの模様。多くの常連たちに惜しまれながら20年2月15日に幕を閉じた

現在、新型コロナの影響で店舗を一時的に閉めたり、イベントを自粛したりせざるを得ない状況にある。しかし、つい数カ月前はどうだったか。

「オープンしたばかりの友人の店は、連日多くのお客さんが訪れて、その話をSNSに投稿していた。そこだけに限らず、私の目に映る飲食業界は、他のどの業界よりもクリエイティブで、希望や意欲にあふれているように見えた」(古谷氏)

ところがほんのわずかな期間に事態は急変。政府や自治体からの要請で行動の自粛が求められ、飲食業界にはかつてない苦境が訪れている。こうした非常事態を受け、ツカノマノプロデューサー内に「料理そのものについてのクリエイティビティーを追求するよりも、飲食の新しいビジネスモデルの模索と検証が大事なのでは」という思いが生まれたという。そこで生み出されたのが「ツカノマノ読むフードコート」だ。

「この機にフードクリエイターたちが新しいことに挑戦し、料理以外のアウトプットを目指してもらうのが狙い」と古谷氏。3000円と500円という価格設定については「レシピ集としては少し高いが、チャリティー要素も含めて考えたときに、多くの人の手にとっていただきやすい価格だと思う」と話す。

フードクリエイターたちが自らの文章とともに、そのテーマとなる料理のレシピを公開。「ツカノマノ読むフードコート」では3000円の購読料でこうした記事を読むことができる
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧