お金の流れを変えてみる ためるコツと便利な仕組み

入ってきたお金の一部をとっておく(写真はイメージ=PIXTA)
入ってきたお金の一部をとっておく(写真はイメージ=PIXTA)

お金を使うのはとても簡単です。それに比べて、「お金をためるのは難しい、だからなかなかためられない」と嘆くのは「たまらない女」である証拠。実はためるのは少しも難しくありません。お金の流れをちょっとだけ変えること、そしてそのためのツールを活用すること。これだけで「たまる女」になれます。

「収入-貯蓄=支出」の形に

お金をためるにはどうしたらよいでしょう。答えはとてもシンプルです。入ってきたお金を全部使うのではなく、一部をとっておけばよいのです。それを毎月のお給料やボーナスでコツコツ続けていくと、いつしかまとまった額の貯蓄ができるわけです。

「使わずにとっておく」にはコツがあります。例えば、給料を受け取って、そこからいろいろなものを支出して、残ったお金をためようとしても、「今月は使いすぎて残らなかった」ということになることもあります。「収入-支出=貯蓄」ではうまくいかないのです。

そこで、お金の流れを逆にします。給料を受け取ったら、まず一定額を貯蓄して残りを支出に回します。「収入-貯蓄=支出」の形にして、貯蓄分を先取りするわけですね。こうすれば、毎月着実にためられます。

先取り貯蓄をするには、そのための仕組みを活用しましょう。

勤務先が「財形貯蓄」を扱っているなら、ぜひ利用してください。自分で決めた額が毎月給料から天引きされて積み立てられていくので、給料を受け取ったときにはすでに貯蓄ができていることになります。積立額は1000円以上1円単位で決められるのが一般的で、ボーナス月は積立額を増やすこともできます。

勤務先に財形貯蓄がない人やフリーランスの人などは、銀行の「自動積立定期預金」を利用してはどうでしょう。毎月決まった日に自分で決めた額が銀行口座から引き落とされて、定期預金として積み立てられていく仕組みです。会社員なら、給料が振り込まれる口座から給料日の翌日に引き落とされるようにしておけば、定期預金に移し替える手間がかからず、残高不足で積み立てられないということもありません。申し込み手続きは銀行の窓口のほか、ATMあるいはネットでできる銀行もあります。

注目記事
次のページ
最初は3000~5000円から