週末シャツはゆったり目 大人のくつろぎ、体形も隠す

LEON

LEON

ここ数年のアウターなどのオーバーサイズ人気の影響もあって、カジュアルはリラックスしたムードが継続中。シャツもゆったりめのシルエットのものが多く、寛いだ雰囲気に着こなせるアイテムが目白押し。ジャストサイズもいいですが、計算されたオーバーサイズは利点もあるのですよ。




ゆったりしたシャツは大人にもうれしいことばかり

ビジネスシャツは体型にフィットしているのことが今でも基本です。ですが、週末に着るようなシャツはその限りにあらず。特にいまは、ゆったり目のフォルムがオススメ。近頃のオーバーサイズのアイテムが人気を集めたのは、もちろんご存知ですよね? その名残もあり、リラックスムードを感じさせる着こなしが、お洒落な大人の週末スタイルとして定着しています。

ゆったりしたシルエットは体型をごまかしてくれますし、緩やかなドレープは大人の余裕すら感じさせます。着こなし方としては、シャツを一枚で着るのではなく、カットソーをインナーに添えるのが常套手段と言えましょう。

今回はそんな着こなしの実例と、理想的なシャツをご紹介いたします。

◆コーディネート実例
シンプルなゆったりシャツは、ベーシックに着ても映えます

シャツ3万2000円/インスピンクト(ストラスブルゴ)、Tシャツ2万2000円/ザノーネ(スローウエアジャパン)、パンツ2万9000円/オールド イングランド(オールド イングランド/オールドイングランド渋谷スクランブルスクエア店)、時計79万5000円/IWC、ベルト1万6000円/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)、ローファー7万6000円/ボードイン アンド ランジ(オカベ アンド パートナーズ)

大人の着こなしの基本であるネイビーとグレーを取り入れた、ゆったりシャツの好例がこちら。ハリのあるコットン素材のシャツは、裾がほぼ水平ゆえ、タックアウトしてブルゾン感覚で着ることができます。ビッグサイズのマチ付き胸ポケットは、シャツのシルエットとも好相性で目を引くアクセントに。タッセルローファーや高級時計、ネイビーのベルトなど、エレガントな小物を添えて、大人の余裕も薫らせるのをお忘れなく。

◆ オススメのゆったりシャツ その1 「シャルべ」
あの名門でも、ゆったりシャツを発見!

5万6000円/シャルべ(六本木ヒルズ店)

シャルベと言えば、フランスのシャツの名門。究極のドレスシャツを気取らず、サラリと着られるようアレンジしたという発想がこちら。生地の柔らかなドレープが際立つようボリューミーに設計された身頃、タックアウトしてもサマになる着丈など、今回のテーマのお手本といえるデキ。ほかにも襟腰をソフトにしたり、ネックポイントを少し下げたりと、カジュアルに着られる工夫が随所に施されています。

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram