powered by 大人のレストランガイド

英国の評論家に聞く 日本のオレンジワインお薦め5選エンジョイ・ワイン(25)

日本でもオレンジワインの生産者が急速に増えている
日本でもオレンジワインの生産者が急速に増えている

世界的に人気が高まっているオレンジワイン。もはや単なる流行ではなく、赤、白、ロゼに次ぐ「第4のワイン」としての地位を築きつつある。日本でも、オレンジワインを造る生産者が増えてきた。「オレンジワイン 復活の軌跡を追え!」(美術出版社)を今春出版した英国出身のワイン評論家、サイモン・J・ウルフさんにオレンジワインの魅力や、お薦めの日本のオレンジワインを聞いた。

ウルフさんは「オレンジワインの一番シンプルな定義は、赤ワイン方式で造る白ワイン」と語る。

説明を加えると、黒ブドウを皮ごと発酵槽に入れ発酵させたのが赤ワイン。皮の色素と渋み成分がワインに移り、ワインの色が赤くなり、赤ワイン特有の渋みのある味わいになる。一方、最初に白ブドウを絞って皮を除去し、果汁だけを発酵させたのが白ワイン。色が透明で、渋みをほぼ感じさせない果汁由来のフルーティーな香り漂うワインとなる。

オレンジワインは白ブドウを赤ワインと同様に皮ごと発酵させる。白ブドウと言っても、皮に色素はあるので、ワインに溶け込むとオレンジ色になる。渋み成分も移行するため、赤ワインのような渋みや奥行きを感じる味わいになる。

ウルフさんによれば、精巧なブドウ圧搾機などがなかった昔は、世界の多くの地域でオレンジワインが造られていた。皮ごと発酵させた方が、絞って発酵させるよりずっと簡単で、歩留まりも高いからだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド