MIYAVI サムライギタリストが入手した本物のギター

ギタリスト/アーティストのMIYAVIさん
ギタリスト/アーティストのMIYAVIさん

ピックを使わず エレキギターを指で弾く独自のスラップ奏法で世界中から注目を集めたギタリスト/アーティストのMIYAVIさん。世界約30か国でライブを行うなど、活動はワールドワイドだ。近年は、アンジェリーナ・ジョリーが監督を務めた映画「不屈の男 アンブロークン」やハリウッド大作「マレフィセント2」などで俳優業にも進出。2017年からは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使として活動を続けている。唯一無二の表現スタイルや凜(りん)としたたたずまいから「サムライギタリスト」の異名を持つMIYAVIさんが語ってくれたのは、「フェンダー・カスタムショップ・テレキャスター」。通称「テレキャス」。王道といわれるエレキギターに、かなり大胆な改造を施しているところがなんともMIYAVI流だ。

◇  ◇  ◇

本物のプレイには本物のギター

MIYAVIさんとテレキャスター。大胆な改造が施されているという

そもそもスラップ奏法をはじめたのは、ギタリストとして世界と対峙するためのオリジナリティーを求めていたからです。僕はクラシカルなロックというよりは、21世紀の今、30年代、さらにその先へつながる新しいギターミュージックの創造をしたいんです。そのために、DJや(声や口の動きで楽器の音やリズムを再現するパフォーマーである)ヒューマンビートボクサーなど、ロックとは違うフィールドのミュージシャンとも積極的にコラボしてきました。

15年にリリースしたアルバム『The Others』で、米テネシー州ナッシュビルに拠点を置くプロデューサーチーム、ドリュー&シャノン(インディア・アリーの作品でグラミー賞を受賞。ほかにも著名アーティストの作品に携わる)とコラボし、その過程で、よりソリッドで強い音が必要だと感じていたところにテレキャスターとの出合いが重なりました。僕はブランドで選ぶのではなく、自分が求める音が出ればどのメーカーでも構わないというスタンス。なので、いわゆる「テレキャスター風」のギターを愛用していたこともあって、それを抱えながらローリングストーン誌などの表紙を飾っていたら、それを見たフェンダーミュージックから「一度、話をしよう」と電話がかかってきた(笑)。社長のエドワード・コール氏に会うと、「本物のプレイには、本物のギターを使うべきだ」と言われ、フェンダーのギターを手渡された。あの時が、テレキャスターとの初めての出合いでしたね。

僕はオリジナリティーを追求するあまり、「王道」と呼ばれるものを避ける節がありました。でもね、実際に弾いてみるとやっぱりいい音が鳴るんです。テレキャスターの持つある種独特な反骨のアティテュード(姿勢)がかっこいいと思ったので、迷わず使うことにしました。とはいいつつ、かなり改造しています。チューンアップすること自体、フェンダー社の技術者にとってはかなりの挑戦だったと思います。「テレキャスターでやってはいけない改造トップ3」があるとしたら、それを全部やっていますから(笑)。最初に、「ワーミーバーをつける」と技術者に言ったとき、かなりけげんな顔をされました。テレキャスターの信奉者から見れば、「それ、テレキャスにつけるのか」って突っ込みたくなるような改造だと自分でも思います。でも僕の音にはそれが必要だった。

「よりソリッドで強い音が必要だと感じていたところにテレキャスターとの出会いが重なった」

弦振動をコントロールするサスティナーの内蔵も、絶対にテレキャスターではやらないと思う(笑)。でもこれは、僕が近年取り組んでいるデジタルサウンドとの融合に欠かせないチューンアップでした。さらに、ピックアップをハムバッカーに替えたのですが……テレキャスターといえば、シングルコイル・ピックアップの代表的なギター。それをハムバッカー(ハムバッキング・ピックアップ)に替えたのだから、技術者も逡巡(しゅんじゅん)するところはあったかもしれません。別のギターをもう1本持てばいいじゃないかと思うかもしれないけど、僕はテレキャスターが本来備える強さ、アティテュードが好きなんです。だから、それを生かせる改造は躊躇(ちゅうちょ)しません。これ1本持って世界中どこにいっても戦える。

次のページ
音楽は一瞬で言葉の壁を超える
MONO TRENDY連載記事一覧