鎌倉は安心できるホーム 帰るとまた頑張ろうと思える

日経ARIA

「鎌倉での日常を想像するだけで頑張れます」と語る末吉里花さん
「鎌倉での日常を想像するだけで頑張れます」と語る末吉里花さん
日経ARIA

湘南をベースに多方面で活躍する女性たちに湘南在住のライターが「身体、精神、社会的により良い状態であること」を指す「Well-beingな生き方」をテーマにインタビュー。取材したのは、一般社団法人エシカル協会の代表を務める末吉里花さん。20代の頃、TBS系テレビ番組『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターとして世界各国を旅する中で、環境問題や社会課題を目の当たりにした末吉さんは、身近なことからできる社会変革活動をスタートしました。鎌倉での暮らしや信条、エシカル協会立ち上げの経緯について聞きました。

海外で疲れたとき「帰ったら鎌倉のあのお店へ行こう」

―― 幼少期は海外での生活も経験したそうですが、末吉さんにとって鎌倉とはどんな場所ですか?

末吉里花さん(以下、敬称略) 父の仕事の関係で、生まれたのはニューヨークでした。生後すぐに帰国しましたが、そのとき住んだのが曽祖母の時代から代々暮らしてきた鎌倉でした。その後、幼稚園の頃に同じく父の仕事でタイへ行き、小学3年で帰国。さらに中高6年間は再びニューヨークで過ごしました。私にとって、日本での暮らしのほとんどが鎌倉なので、どんな場所にいても鎌倉のことを考えるだけで安心します。まさにホームですね。

仕事柄、地方や海外へ行く機会も多いのですが、旅先でどれだけ疲れていても、「帰ったらあれをしよう、あのお店へ行こう」など、鎌倉での日常を想像するだけで頑張れる。鎌倉駅に降り立った瞬間に感じる匂いや受ける風など、空気感が違う気がします。鎌倉はリセットできる場所であり、また新たに頑張ろうと思える場所です。

―― 鎌倉をこよなく愛す末吉さんですが、鎌倉で暮らす魅力ってどんなところですか?

末吉 このエリアは自然が身近にありながらも、都内へのアクセスも良いので、自然と都会の双方を、生活スタイルに合わせながら味わうことができるのが魅力の一つだと思います。

加えて、歴史や文化が根付いていることも魅力です。文化的な遊びや、自然の中での遊びにたけた大人がたくさん住んでいます。また、自然と共に生きようとする人たちが多いので、環境への意識も他と比べると高いなという印象を受けます。環境に配慮したお店や取り組みが多いこともうれしいですね。

お気に入りの「ナチュデコ 」と「たらば書房」

―― 地元にいる時間はどんなことをして過ごしますか? また、鎌倉には新しいお店が次々にオープンしていますが、よく行く場所、お気に入りの場所やお店などあれば教えてください。

末吉 長く住んでいる割には、新しいお店などは全く知らなくて……。というのも、家で過ごす時間が大好きなので、鎌倉にいるときはほとんど家から出ないんです(笑)。部屋で読書をしたり、映画を見たり、ご飯を作ったり、ごく普通の生活をしています。

お気に入りの場所は、自宅近くにある光則寺というお寺です。どんなに心がざわついていても、そこへ行くとすーっと心が整う気がするんです。他に外せないのは、打ち合わせなどにもよく使わせていただく「ナチュデコ 」というカフェと、鎌倉駅近くの小さな本屋「たらば書房」。昔から本を選ぶ時間は至福です。

「鎌倉のお気に入りの場所は、自宅近くにある光則寺というお寺です。どんなに心がざわついていても、そこへ行くとすーっと心が整う気がするんです」
注目記事
次のページ
どんなときにも笑顔でいること それが信条