50歳でOLから芸能界 映画『カメ止め』で個性開花

日経ウーマン

映画『カメラを止めるな!』でブレイクした、女優のどんぐりさん
映画『カメラを止めるな!』でブレイクした、女優のどんぐりさん
日経ウーマン

大ヒット映画『カメラを止めるな!』で強烈なインパクトを残し、今やドラマや映画で引っ張りだこの女優、どんぐりさん(59歳)。「遅咲きのシンデレラ」は、50歳まで証券会社や裁判所で働くOLだった。「諦めずに“自分探し”を続けたら運が巡ってきたんです」と語るどんぐりさんに、自分らしい働き方や生き方を見つける方法を聞きました。

「話し方教室」などをきっかけに表現に目覚める

思い立ったら行動派。証券会社で昼夜問わず働いていた33歳のとき、「自分の時間が欲しい」と退職。「もっと自分に合う仕事があるのでは」と、派遣社員に働き方を変え、フラワーアレンジメントなど数々の習い事をかじったが、仕事につながらなかった。

次の転機は、裁判所の臨時事務官だったとき。「自分の話が相手に通じていない」と感じて話し方教室へ通い、そこでの落語の授業が面白くて今度は落語教室へ。表現する楽しさに引き込まれたが趣味で終わり、50歳を迎える。

そこで思い出したのが、織田信長が「人間50年」と舞う大河ドラマのワンシーン。「自分が信長やったらもう死んでるやん! 残りの人生、本当にやりたいことをやろう」。

1.『カメラを止めるな!』Blu-ray&DVD発売中! (c)ENBU ゼミナール 発売・販売:バップ
注目記事
次のページ
50歳の節目に自分らしく生きようと仕事を辞める