「ドリル」は世界に通じる? すっちーさんのお笑い道吉本新喜劇座長・すっちーさん

大阪市内で開かれたイベントで観客を笑わせるすっちーさん(左)と酒井藍さん
大阪市内で開かれたイベントで観客を笑わせるすっちーさん(左)と酒井藍さん

吉本新喜劇の座長、すっちーさん(48)は人気キャラクター「すち子」としても知られる。昨年は日本のほか中国、インドネシアなどアジアを回る「ワールドツアー」を、ほかの3人の座長と共に成功させた。関西のお笑いが世界に通じる手応えを得たという。

◇   ◇   ◇

吉本新喜劇は昨年3月、創立60周年を迎えることができました。同時に、吉本興業で起きた不祥事でお騒がせしました。吉本の看板を背負う芸人として、襟を正すといいますか、ちゃんとせなあかんと思っています。

新喜劇の認知度は以前はテレビ放送のある愛知県までといわれましたが、東日本でもテレビ中継局が増えたほか、インターネット配信などで海外にも届くようになり、ファンが広がっていると感じていました。

2018年に国内の主要都市を回り手ごたえをつかんだので、「60周年はワールドツアーや!」と話していたら実現してしまいました。一緒に座長を務める小籔千豊さん、川畑泰史さん、酒井藍ちゃんと私の4人が2人ずつ3チームに分かれ、19年の3月下旬からまず国内各地を回りました。

――海外は11月のシンガポールを手始めに、タイ、マレーシアなど5カ国で公演した。

普段は上半身裸でやるギャグも、インドネシアとマレーシアでは「人前で肌を見せるのはよくない」という慣習にしたがって、服を着たまま演じました。

1972年1月26日、大阪府摂津市生まれ。96年に幼なじみの木部信彦さんと組んだ漫才コンビでデビュー。2007年10月に解散後、吉本新喜劇入団。14年に座長就任。

慌てたのは中国公演です。シンガポールやインドネシアなどのお客様は現地で暮らす日本人の方が大半だったのに対し、多様なコメディアンが一堂に会する「上海国際コメディフェスティバル」に合わせて開いたため、7割ほどが現地の方でした。

セリフにあわせて中国語の字幕板を出すことが決まり、通訳の方も加わって前日深夜まで台本の見直しや翻訳のチェックなど準備に追われました。

公演は大成功に終わりましたが、打ち上げで食べた火鍋で翌日におなかを壊す羽目に。ホテルから空港までのバスの中は生き地獄でした。周囲を見回すと、こわもて役が得意な若手の太田芳伸君が祈るような様子で我慢していました。

「空港まであと何分? 誰か薬、持ってへん?」と私がうめいていたら、斜め前に座っていた、目がギョロっとした佐藤太一郎君が「ありますよ」と一言。「早よ言わんかい!」と文句を言いながらも、難を逃れることができました。

ツアーは1年近くかけて国内外を回り、勉強になることばかりでした。私たち出演者は体一つで移動すればいいものの、スタッフは準備のため事前に会場に入るなど大変です。言葉の壁はあっても、ギャグやアドリブもお客様にウケて自信になりました。ただ、今度行くなら、お尻を鍛えんと! 長時間の移動が苦手なんです。

お笑い芸人としてはデビューが遅く、エリートでもない私が座長になり、世界に出て行くとは……。人生はホンマによぉわかりません。

自動車整備士やめて挑戦

――子供服店を営む両親のもと、大阪府摂津市で生まれ育った。

祖父が創業したお店はJR吹田駅前などにありました。子供服「ミキハウス」ブランドの三起商行さんが創業したころから商品を扱わせていただいたご縁で、同社の木村皓一社長がお店のセールなどを手伝いにきてくださったこともありました。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
幼なじみと漫才コンビ
エンタメ!連載記事一覧