なぜ夫婦関係は年々悪くなる? 行動経済学が説く幸せ『「幸せ」をつかむ戦略』より

「役割の分担」が夫婦関係を壊す

一方、アリエリー氏が夫婦関係を壊す要因として指摘するのが「役割の分担」だ。お金の管理は私で子供の世話はあなた、洗い物は私でゴミ出しはあなた、というふうに仕事を割り振ることを意味する。効率的な方法だが、これが2人を引き離してしまうという。

その例として、アリエリー氏は家事を担う妻からスーパーでの買い出しを頼まれたときにリストの商品を1つだけ見つけられず、自分にとって同じと思える商品を買って帰ったために激怒されたエピソードを紹介している。

短期的には効率的な役割分担による専門特化が2人を別々の軌道に乗せ、長期的には悲惨な結果を生むというのだ。そうならないように、アリエリー氏は夫婦がお互いに変わっていくことを認識し、一緒に変わっていくことが重要だと指摘している。

(日経クロストレンド 山下奉仁)

答える人:ダン・アリエリー
米デューク大学教授。1967年生まれ。マサチューセッツ工科大学のスローン経営大学院とメディアラボの教授職を兼務したほか、カリフォルニア大学バークレー校、プリンストン高等研究所などにも在籍。2008年にイグ・ノーベル賞も受賞。『予想どおりに不合理』『不合理だからうまくいく』『ずる』『アリエリー教授の「行動経済学」入門』(早川書房)。
 
聞く人:富永朋信
プリファード・ネットワークス執行役員・最高マーケティング責任者。日本コカ・コーラ、西友などでマーケティング関連職務を歴任し、ドミノ・ピザ、西友など4社でマーケティング部門責任者を務める。社外ではイトーヨーカ堂顧問、厚生労働省年金局年金広報検討会構成員、内閣府政府広報室政府広報アドバイザーなどを務める。著書に『デジタル時代の基礎知識「商品企画」』(翔泳社)。

「幸せ」をつかむ戦略

著者 : 富永朋信 , ダン・アリエリー
出版 : 日経BP
価格 : 1,760円 (税込み)

今こそ始める学び特集