冷蔵室から「見える」野菜室 アクア新冷蔵庫の狙いは

冷蔵室の扉を開けると、下の段の野菜室の中身が見えるアクアの冷蔵庫「Delie」シリーズ。現代の家庭を研究した結果、生まれた工夫だという
冷蔵室の扉を開けると、下の段の野菜室の中身が見えるアクアの冷蔵庫「Delie」シリーズ。現代の家庭を研究した結果、生まれた工夫だという

アクアが2019年11月に発表した冷蔵庫「Delie(デリエ)」シリーズ。驚くのは冷蔵室を開けると、下段の野菜室の中身を確認できることだ。このユニークな発想はどうして生まれたのか。自宅とは別に一戸建ての「家電ラボ」を用意し、大型の白物家電のレビューも多数行っている家電プロレビュアーの石井和美さんが、同社のマーケティング本部冷蔵庫企画グループディレクター、山本陽護氏に話を聞いた。

◇  ◇  ◇

――製品の話の前に、まずアクアという会社について聞かせてください。実はまわりから「アクアってどんな会社?」と聞かれることが多いんです。三洋電機の流れをくむ会社だとはわかっているけれど、海爾集団(ハイアール)との関係もよくわからないという人も多くて。

2011年に三洋電機の冷蔵庫・洗濯機事業(家庭用・業務用含む)が大型家電シェア世界No.1の中国ハイアールグループに事業譲渡されて、2012年に誕生したのがアクアです。

当時、ハイアールブランドはすでに日本で展開していましたので、それとは別にAQUAは旧三洋電機で培われた技術を使った新しい家電ブランドとして日本市場にデビューしたわけです。

――ちなみに表記的には会社名が「アクア」で、ブランド名が「AQUA」なんですね。

アクア マーケティング本部 冷蔵庫企画グループ ディレクター 山本陽護氏

はい。アクアという会社の由来は、三洋電機の時に使っていた洗濯機の愛称です。 「空気で洗う」というエアウォッシュ機能を搭載した洗濯機があったのですが、そのネーミングがAQUAでした。AQUAというブランドの知名度はまだ低いかもしれませんが、コインランドリーなどで使われる業務用洗濯機では、シェア69%を誇っています(※2019年国内コインランドリー機器出荷台数において。アクア調べ)。

――確かに最近、コインランドリーの進化について取り上げる記事などを見ると、「AQUA」と書かれた洗濯機を見ることが多いですね。AQUAの製品は日本向けに開発されたものなのですか。

そうです。ハイアールブランドは本国で開発・設計した商品を日本仕様にカスタマイズして販売していますが、アクアは日本のライフスタイルに合わせ、日本の開発センターで独自の設計を織り込んだオリジナル製品を展開しています。そこに旧三洋電機の技術力も生きているわけです。ちなみに今回のテーマであるDelieシリーズは、もともと三洋電機の家電製品を長く作り続けてきたタイのグループ工場で作っています。日本向けの製品は細かな気配りが必要なので、作り慣れているところで製造するのが大切なんです。

冷蔵庫から見渡せる「見える」野菜室

――そのDelieシリーズを発表会で初めて見たとき、とても驚きました。冷蔵室の扉を開くと、冷蔵室の下に、野菜室の野菜が見えるんですから。

野菜室を真ん中に配置し、冷蔵室の底を強化処理ガラスにすることで、冷蔵室から野菜室全体を見渡せるようにしたのがポイントです。従来の野菜室だと、奥のほうにある野菜は見にくく、気づかずに腐らせてしまうことがあります。一番開ける機会が多い冷蔵室から見えるようにすることで、野菜の状況が一目でわかるようにしたんです。

冷蔵室の底が強化処理ガラス。下の野菜室まで確認できる

――冷蔵庫を開けるだけで野菜室に何が入っているかがわかるのは斬新ですよね。

開発にあたりいろいろな調査をしたんですが、小さなお子様がいる共働き家庭は本当に忙しくて、どうしても冷凍食品を使う機会が多くなる。でも「だからこそ野菜もきちんととらせてあげたい」と考えている家庭が多いことも見えてきました。そこで生まれたのがこの「見える野菜室」です。冷蔵室を開ければ一度に野菜室まで見渡せますから、何度も開けずに済むので楽だというお声をいただいております。

ただこの機能を追加しようとなったのが、設計も佳境の段階に入ったところだったので、技術陣から反対の声もありました。確かに従来の冷蔵庫では断熱材を間に入れて仕切っている場所を透明にするわけですから。冷気の流れや温度の制御を工夫しなければならず、実現するまでは技術陣とはかなり熱いディスカッションを繰り返しました(笑)。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ペットボトルはドアポケットへ
MONO TRENDY連載記事一覧