テレワークの頼れる相棒 持ち運び便利コンパクト文具今旬ときめきステーショナリー

持ち運びに便利なコンパクト文具
持ち運びに便利なコンパクト文具

時間や場所にしばられない働き方への関心が高まっています。新型コロナウイルスの影響で、テレワークを本格導入する企業も増えています。そこで今回は小さくても機能性が高く、スリムでオシャレなコンパクト文具を紹介します。

3WAY使いができるペンポーチ

文具売り場でペンケースを探すと学生向けのデザインやビジネスマン向けのものが多く、働く女性が使いやすいデザインは少ない印象があります。そんな中、女性好みのデザインや素材、機能性にこだわったペンケースがLIHIT LAB.(リヒトラブ)の「スタンドペンポーチ」です。

写真左がベージュ、右がイエロー

ビジネスシーンで使いやすい色合いが特徴でレッド・イエロー・ネイビー・ベージュ・ブラックの全5色。生地は滋賀県高島市で織り上げられた国産帆布「富士金梅」が使われており、丈夫で素材の良さも実感できます。スタンドペンポーチが1400円(税抜き)、大きめのスタンドペンポーチLサイズは1600円(税抜き)です。

ポケットには小物も入れやすい

一般的なペンケースを横にして使うものが多く、使いたいものを取り出すのに時間がかかりましたが「スタンドペンポーチ」はL字に開いた状態で立てて使えるのが特徴です。立てることで収納物が見開きで確認でき、使いたいものをすぐに取り出して使えます。ペンと小物は分けて収納できるので、マスキングテープやイヤホンなどのゴチャゴチャしやすい小物もスッキリ収納できます。

写真左からスタンドペンポーチ・スタンドペンポーチLサイズ

サイズは2種類あり収容本数が異なります。「スタンドペンポーチ」は収容本数が約12本で、ペンだけでなく15センチ定規も入ります。「スタンドペンポーチLサイズ」は、収容本数が約18本と「スタンドペンポーチ」より約6本ペンを多く収納できます。約18センチまでものが入るので、定規だけでなくメーク道具など長さがあるものの収納にも便利です。

裏返しても使えます

「スタンドペンポーチ」は3つの使い方ができます。1つ目が見開きで立てる形です。2つ目は、写真左のチャックを閉めた状態です。ペンや小物が傷つかないので、持ち運びに便利です。3つ目は写真右の裏返して使う方法です。ペンポーチを裏返してチャックを閉めるとそのまま立てて置けるので、ペンスタンドとして使うこともできます。持ち運ぶかどうかやデスクのスペースに合わせて好きな使い方ができ、マルチに使えるおすすめのペンポーチです。

次のページ
1本で2色使えるアイデアマーカーペン