20年スマホカメラはコンデジ超え 大型センサー搭載西田宗千佳のデジタル未来図

中国OPPOのFind X2 Pro。3つのカメラを内蔵し、一番下が1/1.4インチの大型センサーになっている
中国OPPOのFind X2 Pro。3つのカメラを内蔵し、一番下が1/1.4インチの大型センサーになっている

次世代通信規格「5G」の本格展開を控え、2020年はスマートフォンが大きく進化する「当たり年」になりそうだ。新型コロナウイルス騒動により、発売時期や生産台数に影響が懸念されるのだが、面白そうな製品が増えることだけは間違いない。

5Gになってもあいかわらず大きなテーマになるのが「カメラ」だ。19年までは「多眼化」が注目されたが、20年は「高画素化」「大型化」が進む。結果としてどうなるのか。スマホが画質的にもコンパクトカメラを上回る時代がやってくる。「高画素化」「大型化」がどんなふうに進むのか、製品を挙げてみていこう。

5Gスマホのカメラで続々採用される「大型センサー」

スマホのカメラが大型化するといっても、スマホ自体のサイズが変わる、という話でも、レンズが極端に大きくなる、という話でもない。レンズの後ろに隠れた「イメージセンサー」のサイズが大きくなってきているのだ。

ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 1 II」

例えば、ソニーモバイルコミュニケーションズが2月に発表した「Xperia 1 II(エクスペリア・ワン・マークツー)」は、前機種にあたる「Xperia 1」と同じように「超広角」「標準」「望遠」の3つのカメラを搭載しているのだが、そのうち「超広角」と「標準」で、イメージセンサーの大きさを変えている。標準が「26mm・1/2.6インチ」から「24mm・1/1.7インチ」へ、広角が「16mm・1/3.4インチ」から「16mm・1/2.6インチ」へと、それぞれ大型化している。

OPPO Find X2 Proのカメラの構成

また、中国OPPO(オッポ)が3月6日に発表した「Find X2 Pro」では「1/1.4インチ」のソニー製センサーが、韓国サムスン電子の「Galaxy S20 Ultra」では、さらに大きなサイズである、サムスン製の「1/1.33インチ」センサーが使われている。

韓国サムスン電子のGalaxy S20 Ultra。1/1.33インチの大型イメージセンサーを備える

大きいセンサーになるとなにが違うのか? 実機で撮影して比べているわけではないのであくまで「可能性」だが、大きなセンサーになるほど、光の表現がより忠実になり、精細感が増す。センサーの画素数を増やすのも重要だが、写真がレンズを通った光を記録するものである以上、光を記録する部分の面積は、画質への影響が顕著だ。サイズだけで画質が決まるわけではないが、スマホとデジカメ専用機を分ける要素の一つがセンサーサイズだったので、その変化は重要なことだ。

スマホ搭載のカメラが「コンデジ」を抜く

19年後半まで、1/2.6インチ前後よりも大きなセンサーを選ぶスマホは限られていた。このサイズのものが、解像度・画質・生産量ともにバランスがとれていたからだ。センサーサイズにはあまり差がなかったこともあってか、スペック上「非公表」とするメーカーもある。

だが今年は、ハイエンドのスマホに搭載されるメインに使うイメージセンサーでは、大型化の傾向がはっきりしている。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
2024年まで「大型化」は続く
MONO TRENDY連載記事一覧