スマホ替える時、LINE移行のありがちな「落とし穴」

失敗例2「登録したメアドが使えなくなった」

同じキャリアで機種変更をした場合は問題ないが、番号持ち運び制度(MNP)でキャリアを変更した場合は、以前のキャリアメールは使えなくなっているので、LINEからのメールを受け取ることはできない。したがって、パスワードを再設定することができない。

このような事態を避けるため、LINEアカウントに登録するメールアドレスは、キャリアを変えても使い続けられるメールアドレスにしたほうがいい。スマホを変えるときは、登録しているメールアドレスも確認しておきたい。

失敗例3「古いスマホを早めに手放してしまった」

パスワードを設定せずに新スマホへの移行を始めてしまった場合も、救済策がいくつかある。基本的に旧スマホのキャリア契約を解除した後でも、Wi-Fiに接続した状況であれば、旧スマホで移行のための準備をできるのだ。

旧スマホで改めてパスワードやメアドを設定してもいいし、「引き継ぎ設定」をオンにすれば、旧スマホでパスワードを設定していなくても、新スマホでパスワードを設定できる。また、「引き継ぎ設定」がオフのままでも、旧スマホのLINEに「パスワード設定番号」を送るという方法もある。

だがこれらの方法は、旧スマホが手元になければ使えない。安全を考えれば、スマホを下取りに出したりするのは、LINE移行が無事終わってからのほうがいい。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
失敗例4「登録されている電話番号が違う」
MONO TRENDY連載記事一覧