2020/3/27

面接道場

横塚 それで言うと、出身地の秋田での経験が根っこにあります。本当は違う大学に行きたかったのですが、東京の塾に通える人と比べるとやはり情報が少なくて、不自由したという経験があったんですね。だからこそ自分と同じように困っている人の生活が便利に変わるような、新しい価値やサービスを提供できるような仕事ができたらいいなと思っています。

中北 なるほど。横塚さんを採用しない会社はあまりないと思います。すごくバランスがいい。

横塚 ありがとうございます!

中北 コミュニケーションの専門家として個人的にいいなと思ったのは、自分の発言が相手にとってネガティブに働いたなと思うと、自分の言葉でフォローしにいくんです。これは見事。全部私の顔を見て拾っている。

その上でアドバイスとしては、「自分らしさ」や「幸せな状態」をもっと言語化した方がいいと思います。こうやって対話していくとわかりますが、「秋田」「IT」「幸せ」など、原体験やキーワードが点で分散しているので、線でつなげていくと面接官もイメージしやすいですし、企業を選ぶときの判断軸にもなってくるはずです。

「あなたを採用するメリットは?」の質問の意図

横塚 面接で「自分らしく働きたい」と言うことって、ネガティブに捉えられることはないですか。

中北 企業によってはあるかもしれません。そういう古い体質の企業に入りたいかというのはご自身で考えた方がいいと思いますが。もう1つアドバイスすると、キャリアプランの考え方で、「WILL(やりたいこと)」「CAN(できること)」「MUST(するべきこと)」の3つの視点があります。

この3つのバランスで組織は動いている。企業が面接で「あなたを採用するメリットは?」「どのように貢献してもらえるのか?」と質問する意図は、このバランスを見ているんです。「自分らしく働きたい」と言っても、会社に貢献してほしいやん、給料を支払うからには。

ただ「貢献します」とばかり言っててもつまらないから、WILL、CAN、MUSTを掛け合わせながら話す。そのときに企業理念を把握しておくといいです。例えば、秋田で苦労した文脈があってそれを挽回するためにこんなことをやってきた、そして自分と同じように苦労している人のためにやりたいことがある、それは御社の企業理念と方向性が同じですって説明する。あなたの会社で働くことが自分らしく働くこととイコールだと言えるのが理想ですよね。

(文・構成 安田亜紀代)

中北朋宏
浅井企画に所属し、お笑い芸人として6年間活動。トリオを解散後、人事系コンサルティング会社に入社し、内定者育成から管理職育成まで幅広くソリューション企画提案に携わる。その後、インバウンド系事業のスタートアップにて人事責任者となり、制度設計や採用などを担当。2018年に人材研修コンサルティングなどを手掛ける株式会社 俺を設立し、社長就任。

「ウケる」は最強のビジネススキルである。

著者 : 中北 朋宏
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,650円 (税込み)