抜群のコスパに高級感ある仕上げ HPの新型PC3モデル戸田覚の最新デジタル機器レビュー

日本HPのモバイルノート3モデル。いずれもコストパフォーマンスに優れている
日本HPのモバイルノート3モデル。いずれもコストパフォーマンスに優れている

今回は、日本HPから最近発売されたモバイルノートパソコン(PC)を3モデル紹介する。どれも、コストパフォーマンスに優れた製品で、タブレット端末的に利用したり、ペン(機種によってオプション)を使って手書きをしたりすることも可能だ。なお、価格はそれぞれ記事執筆時の最低金額を掲載しているが、構成によって大きく変わるので、同社のウェブページで確認してほしい。

最初に紹介するのは、世界最小[注]の13インチ回転式ノートパソコンの「HP Spectre x360 13」(13万2000円から)で、個人向けのプレミアムモデルとなっている。

[注]HPによると、2019年8月時点で2in1ラップトップカテゴリーとして定義されているコンバーティブルのノートパソコンの中で最小だとしている。

HP Spectre x360 13は、世界最小の13.3インチ回転式2in1だという
ボディーはアルミ製で高級感がある
回転式の2in1なので、タブレット的にも利用可能で、ペンが同梱される

この小ささを実現したのは、ディスプレーの縁が細いからだ。11インチのモバイルノートとほぼ同様の大きさで、A4用紙より若干細長いと考えればいいだろう。もちろん、カバンへの収まりは素晴らしく、ビジネスバッグの中で場所を取らない。また、最近流行しているリュックに入れる際にもかさばらないのがいいところだ。

アルミボディーは高級感があるがやや重い

ボディーはアルミ製で、精密な削り出し加工によって作られている。手にしても硬さを感じるのが素晴らしく、頑丈だ。独特のカラーリングが特徴で、カドの部分がピンクゴールドに仕上げられている。なお、ゴールドの部分はヘアライン仕上げになっているので、派手すぎることはない。もちろん、デザインは好み次第で、目立たないほうがよければ後述の2モデルを選べばよいだろう。HP Spectre x360 13は、この派手なカラーが特徴の一つだ。

エッジの部分がピンクゴールドに仕上げられているのが美しい

本体はかなり薄く、回転式とは思えないほどスリムだ。だが、その結果、拡張性がやや犠牲になっており、HDMI端子を搭載しないのが最大の欠点だ。

また、通常サイズのUSB端子は1基しか搭載しない。USB-C端子は2つ搭載し、Thunderbolt(サンダーボルト) 3に対応する。Thunderbolt対応機器が増えれば、高速なストレージを接続してファイルをやり取りしたり、ディスプレーの接続にも利用したりできる。

バッテリー駆動は、モデルによって10時間と22時間駆動が選べる。22時間は1.24キロ、10時間駆動は1.22キロだ。

キーボードはタイプ感が良いものの、Enterキーの右に1列キーが並ぶのが残念
重量はモデルによって、1.22キロと、1.24キロとなる。計測はキッチンスケールなので参考値(以下同様)

高級なボディーに加え、LTEを内蔵し、Core i 7に16ギガバイト(GB)メモリー、1テラバイト(TB)のSSDを搭載するモデルでさえ、19万9800円で買えるコスパも魅力だ。

注目記事
次のページ
木貼りを使った格安な高級モデル
今こそ始める学び特集