春の差し色はスモーキーピンク グレースーツが新鮮に2020着たい服と装い方

MEN’S EX

2020/2/23
MEN'S EX

色合わせを選ばない万能性はグレースーツの魅力の1つだが、せっかくのポテンシャルを埋もれたままにしていないだろうか。洒落者は、グレーという色の活かし方を心得ている。そして彼らが今季、最も注目するホットなグレーの配色が、旬色ピンクとの「ピングレ」なのだ。

ピンクを着るのに抵抗がある男性もいらっしゃるかもしれないが、シップス メンズ ドレス MD 秋山さんは「スモーキーなピンクなら派手にも映りませんし、採り入れやすいです。雰囲気も柔らかく、誰からも好印象を持たれる配色なのではないでしょうか」と話す。実際、グレースーツに何かしらのピンクを合わせた装いには、フランクな印象が滲む。それでいてきちんと品位も感じさせるのは、グレースーツの額縁があってこそ。グレーの落ち着きとピンクの華やかさ、その双方が、双方の個性を魅力として引き立て合うのである。

旬をさらりと表現できるとともに、春らしい季節感を演出できるのも「ピングレ」が洒落者に愛される由縁。様々なアイテムにピンクが見られる今季は、ニットでこれを差すもよし。ポロシャツで差すもよし。華やかな小物と合わせて、さらなる洒脱を狙うもよし。いつものグレースーツを新鮮に変える特効薬として、至急活用されたし。

( Style Master )
秋山智春さん/シップス メンズ ドレス MD
ピンクは今季、様々なアイテムに見られるキーカラー。ピンクのシャツには、華やかさが活きるスカーフとの合わせが気分ですね。

スーツ12万7000円/ヴァルディターロ ペル シップス、シャツ2万5400円/エリコ フォルミコラ、ネッカチーフ1万2700円/ニッキー、靴6万8000円/エデン ミラノ × シップス(以上シップス 銀座店)

“ピンク”なクルーニット

■SOVEREIGN(ソブリン)

ソブリンのスポーツラインから登場した、シンプルなクルーネックニット。スモーキーピンクの美しい発色とともに特筆すべきは、コットンへわずかにカシミアをブレンドした編地が持つ、なめらかな肌触り。見た目の上質感も申し分ない。 1万6000円(ザ ソブリンハウス)

スーツ27万5000円/ルビナッチ〈オーダー価格、納期5週間~〉(伊勢丹新宿店) シャツ2万5400円/エリコ フォルミコラ(シップス 銀座店) スカーフ2万3000円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI カスタマーサポート) 時計52万円/IWC(IWC)

ピンクニットにタブカラーシャツをノータイでIN。スカーフを添える

【 解説 】本来タイをするためのタブカラーシャツにスカーフを添えてこのように使うのはじつは’80sフレンチトラッドの技。スカーフをすることで、“計算して外している”ことが洒落者には伝わり、一目置かれるだろう。スモーキーピンクの色合いもフレンチの薫りがするため好相性だ。

次のページ
“ピンク”なニットポロ
Watch Special 2020
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト