日経ウーマン

2020/2/27

Q3 世の中には本当にある保険は?【正解はすべて】ストーカー被害やライブのチケット代が戻る保険もある

【ポイント】使えるなら絶対得な団体信用生命保険。近年増えるユニーク保険にも注目

保険商品は急速に多様化している。最近進化している注目のジャンルが「疾病団信」。住宅ローンの借り手が死亡した際に残高がゼロになる団体信用生命保険(団信)は歴史が長いが、死亡しなくても「がんと診断された」「心疾患や脳血管疾患で所定の状態になった」ことで、残高が半分やゼロになる疾病団信が増えている。団信は保障額が高く保険料が非常に割安なので、家を買う人は忘れずに検討したい。他にも「少額短期保険(少短)」と呼ばれるユニークな「ミニ保険」も増加しており注目。

家を買うときだけ使える最強保険が「団信」

団信は、死亡時に残りのローンがゼロになるが、通常の死亡保障と比べて保険料が非常に安い。疾病団信も医療保険より割安だ。

「加入すると健康になる」保険も! 端末を着けて運動すると保険料ダウン

所定の携帯端末を着けて行った運動量に応じて保険料が下がる保険も登場。健康への動機づけになるため、「健康増進型保険」と呼ばれる。

「少短」にはユニーク保険がいっぱい

AWPチケットガード少額短期保険

少額短期保険(少短)は期間が1年以内で少額の契約のみ認可されるミニ保険。チケットのキャンセル代やストーカー保険など。個性的な商品が多い。

Q4 医療保険の優先順位が大幅に上がるタイミングは?【正解はB】出産を控えるなら医療保険の価値は上がる

妊娠を考える女性は、医療保険の価値が高い。それまで健康でも、出産を機に体調を崩す人は多いし、帝王切開なら給付がある。そして一度帝王切開をした後では、2人目の帝王切開に備えた保険には入れない。

この人に聞きました

竹下さくらさん(なごみFP事務所)
保険会社勤務などを経て、1998年にFPとして独立。著書に『「保険に入ろうかな」と思ったときにまず読む本』(日本経済新聞出版社)など。

(取材・文 臼田正彦=日経WOMAN編集部)

[日経ウーマン 2019年10月号の記事を再構成]