powered by 大人のレストランガイド

駿河湾でサクラエビ探求 伏兵・もつカレーにもハマる

解凍したサクラエビ。さくさく&とろりの食感と甘みは格別
解凍したサクラエビ。さくさく&とろりの食感と甘みは格別

寒中を過ぎて、2月の声を聞く頃になると、春の先取りのような心でちょっと暖かいところへ行きたくなります。たとえば房総か伊豆あたり。週末の小旅行でどこかないかと情報を当たっていましたら、「サクラエビが記録的不漁」というニュースが目に留まりました。

日本でサクラエビの漁獲があるのは駿河湾のみで、そこでの不漁が2018年から続いているといいます。

筆者は北海道・函館出身で、かつてサクラエビといえば干したものしか知りませんでした。ところがある店で生食したとき、こんなおいしいものがあるとはと心を揺さぶられたのです。口に入れてかむと口の中でさくさくという音がして、新鮮な野菜のようなクリスピーな食感。と思っているうちに、甘エビと同じか上かという甘く、とろりとした味わいにくるりと変わります。

あれが食べられないとは由々しき事態です。しかし、よく調べてみるとさすがに全く取れないわけではなく、価格が高くなっているということです。味を思い出してしまったので、高くても食べたくなってしまいました。しかし漁期は12月に終わったところで、次は3月以降と。いや、生の冷凍品はあるらしい。よし、行こうじゃないか、駿河湾へ。などとたくらんでいたところ、文字通り「渡りに船」という話が舞い込んで来ました。

清水港と西伊豆の土肥を結ぶ駿河湾フェリーという航路があります。その航路で、2月から3月までの毎週末に、「ドラマチック富士山クルーズ」というものを売り出すというのです。三保の松原がある清水の港を出て富士山と駿河湾に沈む美しい夕日を楽しみ、土肥で折り返して帰って来る約2時間半のクルーズ。静岡県の友人がこれに携わっていて、関係者向けお披露目ツアーに参加して意見などを聞かせてくれないかと連絡をくれたのです。

私の専門は旅行じゃなくて食だけれどと言ったところ、クルーズの売りはもちろん景色ではあるけれど、企画の目玉は静岡の食でもあるとのこと。「サクラエビも出る」ということで、2月の初めに清水へ向かいました。

駿河湾フェリー「富士」

清水‐土肥は陸続きですが、なぜそこにフェリーの航路があるのか。調べてみたところ、渋滞しがちな陸路に対して「海上県道223号線」として整備されたとのことです。とはいえ、行楽シーズン前の2~3月は船の利用は少々減る。そこへ移動手段としてではなく航行自体を楽しむ企画を投入するという、大人の計算はあるわけですが、筆者の主観として結論から言えば、冬の澄んだ空気を通して見る海上からの富士山と夕日は、独りで参加したことを後悔するほど感動的でした。

とか言いつつも、頭の中は食い気優先です。クルーズ商品としては、清水発~土肥往復の乗船料にオリジナルカクテル1杯付きで2000円というのが基本ですが、これに1000円プラスでオリジナルオードブルが付きます。これを関係者のみなさんと、試飲、試食させていただきました。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド