まるで市民マラソン ポケモンGOは万人のeスポーツに

日経クロストレンド

「東京eスポーツフェスタ」で『ポケモンGO』を使ったeスポーツ「ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント」が開催された(写真:野安ゆきお、以下同)
「東京eスポーツフェスタ」で『ポケモンGO』を使ったeスポーツ「ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント」が開催された(写真:野安ゆきお、以下同)
日経クロストレンド

東京都などの主催で「東京eスポーツフェスタ」が東京ビッグサイトを中心に2020年1月11、12日に開催された。eスポーツ大会のほか、ゲームや周辺機器、AR/VR関連の企業展示なども併設し、小池百合子都知事が来場したことでも話題を集めた。特にユニークだったのが『ポケモンGO』によるeスポーツ大会だ。

eスポーツ大会といえばプロにしろアマチュアにしろ、腕に覚えのあるゲーマーたちが集まるもの。厳しい予選を抜け、トーナメント戦を勝ち抜いて優勝を争うのが一般的だ。だが、同フェスタで開催された「ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント」大会は雰囲気がまるで違っていた。

要因はレギュレーション(競技規則)のユニークさによる。最終的な優勝者こそ、一般的なeスポーツ大会と同様に、スマホゲーム『ポケモンGO』の「トレーナーバトル」を使ったトーナメント戦(「バトル大会」)で決めるのだが、そこに参加する方法が「ゲット大会」と呼ばれる屋外イベントを成績上位でクリアすることだったのだ。

当日捕まえたポケモンしか使えない

ゲット大会では、大会期間中だけお台場の対象エリア内に出現する36種のポケモンの中から、20種類以上のポケモンをゲットする。米ナイアンティックの協力により、エリア内のポケストップを回すと、大会開催期間内限定のミッションが出現するように設定されていた。このミッションに従って、指定された20種類以上のポケモンをゲットすると、そのタイムがスマホに記録される。ゲット大会開始から3時間以内に東京ビッグサイトに戻り、受付でタイムを申請するとクリアと認められる。

指定されたエリアにはポケストップが立ち並び、特定のポケモンが出現するよう設定されていた
会場は東京ビッグサイトからダイバーシティ東京プラザ前まで、およそ2キロにわたるエリア。ここに36種類のポケモンが出現する

クリアまでのタイムが速かった上位16人がバトル大会に進出できる。このバトル大会にもユニークな条件が用意されていた。バトルに使用できるのが、ゲット大会で捕まえたポケモン(および、それを強化・進化させたポケモン)のみなのだ。このため、どのプレーヤーも事前に強いポケモンを用意することができない。全員が公平な条件で、腕と戦略を競い合うルールなのである。

実力、年齢関係なく参加できる大会

大会には事前に抽選で選ばれた150人の『ポケモンGO』愛好者たちが参加した。大会概要の説明を受けた後、午前11時に東京ビッグサイト入り口付近に集合し、スタートの合図とともに、青空の下をポケモンゲットに動き出した。

参加者はいったんビッグサイト前に集合。eスポーツの大会で、このように屋外からスタートするのは極めて珍しい
スタートの合図とともにスタート。移動中、走るのは禁止。自転車などの使用は不可。公共交通機関を使うことは認められていた。歩きスマホはもちろん禁止だ

取材として、参加者と共に対象エリアを歩きながら筆者が感じたのは、これはeスポーツ版市民マラソン大会だということだ。

市民マラソンには、好記録を狙って真剣に参加するトップアスリートがいる一方、自分のペースで走ることそのものを楽しむ参加者がいる。友人同士で誘い合って参加する人、着ぐるみを着て周囲にアピールしながら走る人も見かける。実力も参加理由も異なるランナーが全員が同じ大会に参加し、それぞれの方法で楽しむ姿がそこにはある。

ポケモンGO ゲット&バトルトーナメントは、まさしくそんなイベントだった。上位入賞を狙うプレーヤーはスタートの合図とともに早足で歩き出したが、小さな子供と共に参加したファミリー層は親子で楽しく会話しながらポケモンゲットを楽しんでいた。デート風のカップルもいれば、つえをつきながら散歩を楽しむように参加する高齢プレーヤーもいた。

親子で参加する家族連れの姿もたくさんあった。ポケモンを発見しては、立ち止まってゲットしていく
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ファミリー層が新たなeスポーツビジネスを生む
MONO TRENDY連載記事一覧