上司の友達申請困らない フェイスブックの悩み解消術

日経ARIA

承認しないわけにはいかないけれど、プライベートな投稿は見られたくない
承認しないわけにはいかないけれど、プライベートな投稿は見られたくない
日経ARIA

ビジネスにプライベートに大活躍のSNS(交流サイト)といえば、フェイスブックですね。メッセージやイベント機能など仕事に便利な機能がある一方、現実の社会とも密接に関わるため公私の切り分けが難しいSNSです。そこで、スムーズな人間関係を保つためのフェイスブック運用方法をお伝えします。設定をうまく使いこなせばストレスの種も回避できて、フェイスブック環境がぐんと快適になりますよ。

名刺交換しただけの人にプライベートを知られるのは…

インスタグラム、ツイッター、LINEなど、SNSを楽しむ人たちは、スマホの普及と共にぐんと増えました。なかでもフェイスブックは、ビジネスにも活用できることで人気のSNSです。フェイスブックを通じてビジネス上の交流を深めている人も多いかと思います。

その一方で、悩みが多いSNSもフェイスブックです。上司や取引先から家族、親しい友人まで、距離感の違う相手がフェイスブックでは一律に「友達」となります。そのため、名刺交換しただけの相手に自分のプライベートを知られたくない、友人の投稿は見たいけど苦手な上司のご高説は耐えられない、といったストレスを抱えてしまうことにもなるのです。

「いっそフェイスブックをやめたい」――そう思う人もいるかと思います。でも、メッセンジャーでのやり取りやイベント連絡など、周囲に迷惑を掛ける可能性を考えるとやめられない人が大半でしょう。

そこで、フェイスブックの設定を変更することで無用なストレスを避け、快適な空間を作る方法をお伝えします。

【お悩み その1】上司や取引先から友達申請、どうする?

個人的にも仲が良い上司ならいざ知らず、仕事でしか付き合いのない職場の人や関係が浅い取引先の人から友達リクエストを受けた場合、対応に困りますよね。

こういうときは、いったんリクエストを承認し、すぐに「制限」リストに入れることをお勧めします。「制限」リストとは、「友達」のつながりを保ったまま、「公開」の投稿だけを見せる方法です。

例えば家族の写真を「友達」限定で投稿した場合、制限リストに入っている人はその投稿を見ることはできません。上司など、誰が見てもかまわない投稿だけを「公開」にして投稿するのです。

ただし、投稿に制限リストの相手をタグ付けした場合は、相手にもその投稿が見えます。タグ付けして悪口を言う、なんていうシーンはないとは思いますが、お気を付けください。

友達リクエストを承認したら、すぐ相手のタイムラインを表示し、友達ボタンをタップします(1)。続いて、「友達」をタップ(2)
「友達リストを編集」をタップ(1)。「制限」にチェックを付け(2)、「完了」をタップします(3)
次のページ
【お悩み その2】写真に勝手にタグ付けされたくない