powered by 大人のレストランガイド

お酒にも合う 定番スイーツ、キャラメルの意外な変身

フルーツにたっぷりかかるのは、新しい食材として注目されそうなキャラメルのソースだ
フルーツにたっぷりかかるのは、新しい食材として注目されそうなキャラメルのソースだ

「キャラメル」といって思い起こすのは、四角く甘いキャンデーや、プリンにかかったほろ苦いキャラメルソース――。1月25日、東京・自由が丘にオープンした「CARAMELIFE(キャラメライフ)」は、そんな定番スイーツとしての顔を一変させるキャラメル専門店。これまでにないキャラメルの楽しみ方を提案する。

販売するのは18種類の瓶詰めキャラメルペーストのみ。生クリームを加えてソースのように滑らかな「ベーシック」と、バターを加えたペースト状の「バター」の2つの基本タイプがあり、それぞれ焼き加減違いとして、スイートからエクストラビターまでの5段階をそろえる。さらに、ドライフルーツやスパイスを合わせたユニークなタイプもラインアップ。

「CARAMELIFE 自由が丘本店」の店内。「ベーシック」(ソース状のキャラメル)5種、「バター」(バターを加えたキャラメル)5種に加え、ドライフルーツやスパイスを合わせたキャラメルをラインアップ。全18種のキャラメルが並ぶ

同店を経営するCARAMELIFE社長の小西篤雄さんは、これまで業務用の食品開発に携わってきた。キャラメルはその中の一つ。「キャラメルを使ったお菓子は様々なメーカーやパティシエの方が作っていますが、ペースト状のキャラメルそのものの専門店はこれまでなかった」と話す。

街では、キャラメルソースをかけたスイーツなどをよく見るが、水あめにキャラメルのフレーバーを合わせただけというものも多い。ある米大手菓子メーカーの人気キャラメルシロップも、こうしたタイプだという。そうした市場に「本物」で勝負したいと打って出たわけだ。

生クリームと合わせた「ベーシック」(Sサイズ=45グラム、税込み・570円~、焼き加減によって価格が違う)

キャラメルソース作りというと、あめ色に煮詰めた砂糖に生クリームを入れ合わせるという作業を思い浮かべる。ところが、小西さんは、砂糖とクリームを混ぜただけでは、うちのキャラメルの味は出せないという。「砂糖とクリームなどを合わせて煮込んでいくなかで、釜の中で全体が均一に焼けてしまうと、味に深みが出ないんです。生っぽいところもあれば、焼けたところもある。そうした微妙な焼き加減があって、初めて深みのある味わいになるんですよ」(小西さん)。

ちなみに、小西さんからすると砂糖を「あめ色に煮詰める」というのは不正解。おいしいキャラメルを作るためには、色は均一ではなく「あめ色や琥珀色などに煮詰める」のが正解らしい。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド