古い愛車が先進安全装備に 後付けAIカメラの利点

日経クロストレンド

AIドライバーアシスタントという風に「AI」を名乗る理由は、歩行者や車両の認識、危険の予測という2つの機能でディープラーニング(深層学習)を使っているためだ。三野氏は、ピレニードライブの認識技術について、クルマに後付けする装置であるがゆえの難しさがあったと振り返る。どういうことか。

一般的なステレオカメラシステムは、クルマの製造時にカメラを組み込むため、どの車種のどの位置に取り付けられているかという前提条件がはっきりしている。一方、ピレニードライブはほぼすべてのクルマに取り付けることができ、ダッシュボード上の設置位置も人によって異なる。このため、既存のステレオカメラの画像認識技術を流用することはできず、部分的に新たな技術を自社開発する必要があったという。ピレニードライブは、AI処理に強いNVIDIA製のGPU(画像処理半導体)を搭載し、1秒間に10回という高速で物体を認識している。

ピレニーの開発車両。実際に秋葉原周辺を走行して認識精度をデモンストレーションした

対向車も即座に認識

今回はピレニードライブの中核機能の1つとなる認識機能の体験デモとして、実際に製品を搭載した2台のテストカーに同乗し、その精度を確認した。走行したのは、ピレニー本社がある秋葉原駅周辺の道路。今回は分かりやすいよう助手席の前に本体が設置されていた。

出発すると、目の前のモニターに前方の様子が映し出された。映像中の乗用車は赤、トラックはオレンジ、バスは水色、歩行者は緑の枠で囲まれている。これは、AIがそれぞれを認識している証拠だ。その認識速度は速く、移動中やすれ違う車両もほぼ遅れなく追随していた。

デモを体験したのは周囲が薄暗くなった夕方で、街は帰宅する人であふれていた。クルマのヘッドライトに照らされて人物がシルエットになり、肉眼でも見えにくい状況だ。だがピレニードライブは、横断歩道上を歩く人物はもちろん、歩道にいる人まで捕捉し続けた。道路上の車両は直方体で囲まれており、立体として認識していることが分かる。三野氏によると、車両の向きに加え、進行方向も判定しているという。

画面右側の緑枠に注目。歩道を歩く人を一人ひとり区別して認識している
クルマを立体的に認識している様子が分かる

今回は認識機能のみのデモだったため、実際に警告が出るような場面を体験することはできなかった。だが、テスト動画では、動作する様子を見ることができた。その中には歩道から自転車が飛び出した瞬間に警告を出すなど、確かに人間が見落としそうな場面で、早いタイミングで警告を出しているシーンがあった。

ピレニードライブは2種類の方法で危険予測をする。1つは車両や歩行者などの動きから進路を予測し、衝突の可能性を判定する方法。もう1つはユーザーから集めたデータをディープラーニングによって学習し、危険なシーンを予測する方法だ。ユーザーが増えれば増えるほど多様なシーンが集まるため、予測の精度が高まり、幅広く対応できるようになっていく。ピレニードライブは本体にLTE通信機能を内蔵するため、購入後もアップデートされ、賢くなっていくのが特徴だ。

ピレニードライブの販売価格は10万円台を想定しており、それに加えてLTE通信料を含む月額使用料が必要となる見込みだ。CPUに加えAI処理用のGPUを搭載し、背面のステレオカメラと前面のインカメラ、タッチパネル付きディスプレー、各種センサーやLTE通信モジュールなど、搭載しているハードウエアは高性能なスマホ並みだから、この価格は納得感があるだろう。

日本や欧州では、21年にも衝突被害軽減ブレーキの新車への装着が義務化される見通しだが、その恩恵を受けるのは新車を買った人だけだ。既存のクルマに最新技術を使った運転支援デバイスを導入できるピレニードライブは、愛車に長く乗り続けたい人、クラシックカーに乗りたい人などにとって、心強い製品となりそうだ。

21年3月までの製品化を目指すというピレニーの三野龍太CEO

(文・写真:出雲井亨)

[日経クロストレンド 2020年1月31日の記事を再構成]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。


MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧