春のオフィスはパンツルック 上品・きれいにアレンジ宮田理江のおしゃれレッスン

堅苦しさや男っぽさを薄め、フェミニンに寄せるのがトレンド
堅苦しさや男っぽさを薄め、フェミニンに寄せるのがトレンド

オフィス姿の代名詞的な存在とも呼べそうなパンツルックにも、変化の兆しが見えています。持ち前の動きやすさを生かしながらも、堅苦しさや男っぽさを薄め、上品、きれいめ、フェミニンに寄せるのが今のトレンド。しなやかな働き方を求める女性の意識がお仕事ファッションにも変化をもたらした格好です。今回は新傾向を映す、「NEWYORKER(ニューヨーカー)」の春コレクションを参考に、新パンツコーディネートのポイントをお伝えします。

脱・無地シャツで、洗練されたハンサムなパンツルックに

メンズ濃度が上がりすぎないよう、バッグや靴でフェミニン感を添えて

無地の白シャツはオフィスルックのお約束的な存在ですが、無難でありふれた印象も生んでしまいがちです。シャツを柄入りに変えるだけでも、手持ちパンツの着回しパターンを増やせます。

正統派仕立てのテーラードジャケットは、マニッシュなハンサムムードをまとえます。パンツと組み合わせれば、お仕事コーデにぴったり。着慣れた白シャツの代わりに、ストライプ柄を選んで、シャープな着映えを演出。Vネックで立ち襟のスキッパーなら、胸元のキリッと感がアップ。適度な肌見せは、ジャケット姿の硬さをやわらげてくれます。

リネンライクな素材のパンツは涼やかな風合い

パンツルック特有のメンズっぽい印象をずらすには、ソフトな質感のブラウスが効果的です。上下で「フェミニン×マスキュリン」(女性的でもあり男性的でもある)のジェンダーミックスに整えると、場面を選ばない着方に役立ちます。

つややかなとろみ素材は穏やかなイメージが持ち味。細かいドット(水玉)柄をあしらえば、さらにやわらかい雰囲気に。低い襟は首周りを伸びやかに見せてくれます。襟をゆるめて、こなれ感も引き出すテクニックは春夏が出番。柄入りトップスの場合でも、全体をネイビー系でまとめれば、オフィスになじみます。春らしい白のパンプスは、ネイビーを引き立てる効果が申し分ありません。

注目記事
次のページ
ワイドパンツに軽量アウターで「優美×キビキビ感」
今こそ始める学び特集