新社会人の仕事の供に 贈答で喜ばれるボールペン10選

新生活を前に、用意したいのがボールペン。スタイリッシュなペンは、「できる大人」を演出する。新社会人に贈る一本を、専門家に選んでもらった。

■1位 ROMEO NO.3 細軸(伊東屋) 700ポイント
重さ感じず疲れにくい

東京・銀座で110年以上続く老舗文具店のオリジナルブランド。大正時代に生まれた万年筆のデザインを、現代風にアレンジした。中央のリングに重心を置いた形は重さを感じず疲れにくいといい、スピーディーな筆記にも向く。フランスから取り寄せたゲルインクとの相性も良く、「滑らかな書き味が心地よい」(土橋正さん)。

樹脂を型に流すのではなく、棒状の樹脂を削ってボディーを作るため、1本ずつ違った模様になっている。頂点を回してペン先を繰り出す機構もこだわりの一つで、時計の竜頭をモチーフにデザインしている。「軸もクリップも上品なデザイン。社会人として走り出す人にぴったり」(猪口フミヒロさん)

新宿や横浜、京都、熊本など全国の店舗で購入できる。細軸のほか太軸やレザータイプもあり、店頭で試し書きして自分に合ったものを選びたい。

(1)色や種類 イタリアンブルー、イタリアンアンバーなど(2)希望小売価格(税込み) 8250円(3)紹介・販売サイト https://store.ito-ya.co.jp/tokushu/ROMEO_NO3.html

■2位 ソネット ラックブラックGT(パーカー) 660ポイント
男女問わず持ちやすく

1888年に米国で生まれた筆記具ブランド。黒い光沢の上品なボディーに、トレードマークである「矢羽クリップ」が際立つ。細身ながら丸みを帯びたデザインは、キリリと締まって上品な印象。「色・素材のバランスが良く、王道のペン」(吉田泰則さん)

手の大きさを問わない軸の太さや、日本人好みの低粘度インクも高い評価を得た。「男女問わず持ちやすいサイズも魅力」(平石康一さん)

パーカーは130年以上の歴史を持つ高級筆記具ブランドだ。世界中を旅した創業者のジョージ・サッフォード・パーカーは、日本の七宝焼に着想を得た万年筆を作ったこともあった。世界中の人を魅了しようとした創業者の精神は、新社会人にも参考になりそうだ。

(1)マットブラック、レッドなど(2)1万3200円(3)https://www.parkerpen.com/ja-JP/sonnet/

■3位 RAIZ(パイロット) 480ポイント
滑らかな書き味が強み

海外勢に押され気味だった高級ボールペンのシェアを奪還すべく、2019年末に誕生したシリーズ。強みは書き味。低粘度のアクロインクは「滑らかでかすれがない」(川戸美和さん)。

ボディーの色によって仕上げが異なる。スターライトブラック=写真=はガラスフレーク入りの塗装でキラキラした輝きが楽しめる。ライジングレッドはグラデーションのある塗装、オーシャンブルーはガラスフレークとグラデーションを組み合わせた。ペンを繰り出す上部には、地球の緯度・経度をモチーフとした彫刻を施した。「シンプルながら細部にまでこだわりぬいたデザインで、ビジネスに使いやすい」(北沢孝之さん)。男女ともに使えるデザインだが、特に20~30代の男性に人気という。

(1)オーシャンブルーなど。ボディーの仕上げが異なるモデルも(2)1万1000円~(3)https://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/oil_based/raiz/

■4位 アルケミクス カーボン(カランダッシュ) 440ポイント
スラスラと鉛筆のよう

スイスの筆記具メーカー、カランダッシュは鉛筆製造が祖業で、六角形の軸がチャームポイント。建築家などに愛好家が多い。アルケミクスは太めの軸でグリップ感にこだわった。「鉛筆のような書き心地で、上司の言葉を逃さずメモするフレッシャーにぴったり」(猪口さん)

軸の表面はカーボンに見立てたコーティング。「上品で主張しすぎないデザインで、営業・デザイナーともに使いやすい」(東善広さん)。ノック音は静かで会議などでも気にならず、インク持ちも魅力。

(1)軸表面を木やゴムに見立てたモデルも(2)1万1000円(3)https://www.carandache.com/jp/ja/alchemix-s-1075.htm

■5位 ジェットストリーム プライム 回転繰り出し式シングル(三菱鉛筆) 420ポイント
手ごろな価格で高級感

ジェットストリームは2006年の発売以来、抵抗の少ない低粘度油性インクが売りのブランド。海外の高級ペンを意識した回転繰り出し式を採用し、手ごろな価格で高級感とシンプルさを両立させた。「滑らかさやインクの発色など書き味の総合的なバランスがいい」(北沢さん)

芯のボール径は0.7ミリ、0.5ミリ、0.38ミリの3種ある。「0.38ミリは細かい文字を手帳に書くときに便利。交換も安価で実用性が高い」(東さん)。

(1)ボール径により軸色が異なる。ブライトブルー(0.38ミリ)、ベビーピンク(0.5ミリ)など(2)3300円(3)https://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/ballpoint/jetstream_prime/prime_kaitensingle.html

注目記事
次のページ
相手の仕事考え 最適な一本選ぶ
今こそ始める学び特集