HIKARI監督が語る『37セカンズ』 障害を越えた希望恋する映画 ベルリン国際映画祭で2冠の注目作

『37セカンズ』(C)37 Seconds filmpartners
『37セカンズ』(C)37 Seconds filmpartners

日本人シェフがフランスで初のミシュラン三つ星を獲得したニュースが話題となったばかりだが、いまやあらゆる分野で日本人の才能が世界に認められている。そんななか、映画界において世界を舞台に活躍しているのが日本人女性監督のHIKARI監督。現在公開中の『37セカンズ』は、長編デビュー作にもかかわらず、世界三大映画祭のひとつであるベルリン国際映画祭で「パノラマ部門の観客賞」と「国際アートシアター連盟賞」の2冠に輝き、映画祭史上初の快挙を遂げた。HIKARI監督に『37セカンズ』の魅力を聞いた。

人間や女性の素晴らしさを描きたかった

本作の主人公となるのは、生まれたときに37秒間息をしていなかったことが原因で身体に障害を負ってしまう20代の女性ユマ。自身の存在を隠すように漫画家のゴーストライターとして働き、過保護な母親とともに暮らしていたが、そんな彼女が生活に息苦しさを感じ、独り立ちをしたいと考えるようになるところから物語は始まる。障害を持つ女性を描こうと思った背景には、さまざまな人との出会いがあったという。

『37セカンズ』(C)37 Seconds filmpartners

「この作品にも出演している熊篠慶彦さんから『障害者と性』に関する話を聞き、その後アメリカで有名なセックスセラピストの方にインタビューする機会があったんです。そこで、下半身不随の女性でも自然分娩ができること、セックスで快感を味わえることを知り、女性の体や人間の命が持つ素晴らしさを題材にしたいと思うようになりました」

とはいえ、日本ではいまだに障害者の性に対して、触れてはいけない問題のように扱っているところもあるが、アメリカではここ数年でさらにオープンに語られるようになったのだとか。「障害者の男の子が普通にテレビで自身の性について話していますし、アメリカでは学校でもセックス・エデュケーションとして、きちんと勉強させています。それもあって、自分の欲求を抑え込むことをしないので、性的少数者(LGBTQ)の人たちもカミングアウトしやすくなってきた。日本とは真逆かもしれないですね」と話す。