#日経イチグラ 東北からのクイズに挑戦 Vol.1「作問」の魅力

学校のクイズサークルなどからとっておきのクイズを募って優秀作を表彰する「日経1問グランプリ」(日経イチグラ)には、全国から100以上の良問が集まりました。応募作を順次、ご紹介します。U22編集チーム、クイズメディアQuizKnock、現役強豪プレーヤーである徳久倫康氏、廣海渉氏らが、応募作の中からピックアップしてコメントもつけています。クイズをつくる「作問」の魅力を伝えます。北から順に北海道地区から九州地区までの問題を掲載していきます。

今回は東北地区の第1弾。

「秋田高校クイズ研究同好会」「QUIRE」「仙台二華クイズ研究同好会」です。

秋田高校クイズ研究同好会からの問題

  • Q1

    慣用句で、胡座(あぐら)をかいたり、木で括(くく)ったり、目から抜けたりする体の部位はどこ?

  • 正解は…

    『鼻』

    意味を提示されず、かつ形を変えられても、元の慣用句を知っていたならば難なく解けるはず。独特の表現で擬人的な問題文にしても面白いと思った結果の一問。(秋田高校クイズ研究同好会の解説)

QUIREからの問題

  • Q2

    画家の宮脇周作(みやわき・しゅうさく)の作品が、頻繁にニュース番組に登場している最大の理由とはなんでしょう?

  • 正解は…

    『彼が日本テレビ専属の法廷画家だから』

    裁判のニュースを見ていると、スケッチともによく「イラスト:宮脇周作」というテロップを目にするのでひとひねりしてつくってみました。正解発表後のやや考えてもらったあとのスッキリ感を意図しています。(QUIREの解説)

仙台二華クイズ研究同好会からの問題

  • Q3

    二人で向かい合って話すことは対談、三人で向かい合って話すことは鼎談(ていだん)と言いますが、何人かで向かい合って話すことを何と言うでしょう?

  • 正解は…

    『座談』

    クイズの問題では、よく対談のパラレルで鼎談という言葉が問われますが、身近な言葉である座談のほうが意外と出てこないのではと思い、作問しました。改めて、普段使っている言葉の正確な定義を知るのは大事なことだと感じました。(仙台二華クイズ研究同好会の解説)

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
次のページ
コメントはこちら
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録