#日経イチグラ 北海道からのクイズに挑戦 Vol.1「作問」の魅力

 学校のクイズサークルなどからとっておきのクイズを募って優秀作を表彰する「日経1問グランプリ」(日経イチグラ)には、全国から100以上の良問が集まりました。応募作を順次、ご紹介します。U22編集チーム、クイズメディアQuizKnock、現役強豪プレーヤーである徳久倫康氏、廣海渉氏らが、応募作の中からピックアップしてコメントもつけています。クイズをつくる「作問」の魅力を伝えます。北から順に北海道地区から九州地区までの問題を掲載していきます。

十勝クイズサークル

  • Q1

    少年時代を現在の北海道音更町で過ごした日本の作曲家で、代表作に交響曲『シンフォニア・タプカーラ』や、映画『ゴジラ』の音楽などがある人物といえば誰でしょう?

  • 正解は…

    『伊福部昭』

    序盤で「北海道の音更町にゆかりのある作曲家」と限定し、有名な「ゴジラの音楽を手がけた」というヒントはラストに配置しました。代表作の読み上げの前でも、ある程度答えが絞れるよう、知識量に応じた押しポイントを複数設定しました。(十勝クイズサークル)

札幌開成クイズ研究会

  • Q2

    スマートフォンの普及などから近年問題となっている、携帯電話が無い状態が続くと吐き気やパニック発作が起きてしまう依存症に近い病気を、「携帯電話不携帯恐怖症」を意味する英語の略から何というでしょう?

  • 正解は…

    『ノモフォビア』

    「No mobile phone phobia」の略。 近年のスマホの普及から、スマホがないと不安になってしまう人は少なくない。それが病気であることを認識してほしいという願いからこの問題を作成した。構文的には、後フリで知らない人でも考えられるよう工夫した。(札幌開成クイズ研究会)

札幌南高校クイズ研究会

  • Q3

    どうぶつしょうぎの対局における「結論」はまさにこの言葉の反例と言える、確実に勝負を制するには最初に行動するのが一番良いという意味の四字熟語は何?

  • 正解は…

    『先手必勝』

    どうぶつしょうぎは後手必勝という事実と何気なく使われる四字熟語の矛盾を題材とした。先手必勝の4文字ができるだけ問題文に入らないよう工夫した。(札幌南高校クイズ研究会)

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
各クイズへのコメントはこちら
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録