冬ドラマ、医療系テーマがずらり 見ておきたいのは?

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

 1月期スタートの冬ドラマが各局で始まった。初回視聴率(民放、19~23時)では1位が『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(日本テレビ系)の13.0%(ビデオリサーチ関東地区調べ/以下同)、2位が『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)の12.0%、3位が『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)の11.3%。医療と刑事ものがトップ3を占めた。

ストーリー重視で、連続ドラマとしての面白さが味わえそうな作品がそろった今期の冬ドラマ。定番ジャンルでは新機軸が見られる。主演俳優は、実績と安定感のある俳優が並ぶが、同時にフレッシュな顔ぶれも際立つラインアップとなった。それでは、どんな作品があるのか見ていこう。

日本テレビが久々に本格医療ドラマを制作

『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(土曜22時/日本テレビ系)

今期は医療ドラマの新作が複数登場した。まず目玉は、天海祐希主演の『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』。『コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』(08年、10年)などの医療ドラマを手掛け、天海主演の刑事ドラマ『BOSS』(09年、11年)を執筆した脚本家・林宏司が、約10年前から構想を練っていたオリジナル作となる。0.1ミリのミスが取り返しのつかない事態を招くなど、過酷な世界で患者を救う天才脳外科医たちの群像劇。決して“神”ではない医師たちの、私生活では悩みも抱える人間らしい一面を描く。日本テレビで本格医療ドラマを制作するのは久々であり、続編を狙えるような作品を目指すという。

『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系)は、日本のドラマでは初めて本格的に「腫瘍内科」にスポットを当てた作品。がんのスペシャリストである腫瘍内科医(松下奈緒)と、がんを切る消化器外科の名医(木村佳乃)がバディとなり、患者と向き合いながら信頼と友情を深めていく。2人の女性としての生きる道も描いていく。

設定がユニークなのは、こやす珠世のマンガが原作の『病室で念仏を唱えないでください』だ。僧侶であり、救急救命医でもある松本照円(伊藤英明)が主人公。医療に従事しながら、霊安室での枕経や終末期の患者の心のケアなど、僧侶の仕事も兼任する松本の姿を通して、生きることと死ぬことを問いかける内容となる。

このほか、円城寺マキのマンガが原作の『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)は、病院を舞台にしたラブストーリー。性格に難ありの天才外科医(佐藤健)に恋した新米看護師(上白石萌音)が、何度玉砕しようと思いを伝え続ける。

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』(テレビ東京系)と『心の傷を癒すということ』(NHK総合)は、実話がベースとなっている。『病院の治しかた』は、倒産寸前だった病院の再建に院長(小泉孝太郎)が挑む姿を、『心の傷を癒すということ』は、日本におけるPTSD(心的外傷後ストレス障害)研究の先駆者となった精神科医(柄本佑)の活動を、ヒューマンなタッチでつづっていく。

エンタメ!連載記事一覧
次のページ
連続性が生きているミステリー&刑事ドラマ
エンタメ!連載記事一覧