マリオになって冒険 USJの任天堂エリアはスマホ連動

日経クロストレンド

USJのSUPER NINTENDO WORLDでは、マリオになって冒険できるテクノロジーが実装される(写真:水野浩志、以下同)
USJのSUPER NINTENDO WORLDでは、マリオになって冒険できるテクノロジーが実装される(写真:水野浩志、以下同)
日経クロストレンド

土管を伝ってマリオの世界に飛び込み、ハテナブロックをたたくなどしてコインやアイテムを集める。ゲームではない。大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が2020年夏に開業する新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」にアトラクションを導入する。合言葉は「#WE ARE MARIO!!」。ゲームとリアルが融合し、全人類がマリオ化する。

世界のマリオファンに向け発信

20年1月14日。USJの最古参アトラクション「ターミネーター 2:3-D」が「グローバルキックオフプレゼンテーション(Global Kick Off Presentaion)」と銘打った発表会場に変わった。

オープニングムービーで映し出されたのは、世界中のマリオファンが「#WE ARE MARIO!!」をつけて盛り上がるSNSの様子。USJが世界初の任天堂エリアとなる「SUPER NINTENDO WORLD」の建設を発表してから3年以上。ついに、そのキーテクノロジーが明らかになった。

最大のポイントは、まさにマリオになれること。エリア内で購入できる「パワーアップバンド」を腕に装着し、それをUSJの公式スマホアプリと連動させる。すると、エリア内に点在するハテナブロックを、マリオと同じように飛び跳ねてたたけば、コインを獲得できるようになるのだ。

「パワーアップバンド」を腕に装着し、ハテナブロックをたたくとブロックが点灯
アプリにコインが加算される

集めたコインの数はアプリ内で確認できる仕様。キャラクタースタンプなどのアイテムも用意されており、集めれば集めるほどコインに換算できる。獲得したコインの総数で、ゲスト同士、ランキングを競い合えるというゲーム性の高いエリアとなる。

エントランスは土管。地上と地下を行き来する多層構造となり、ゲームで見たピーチ城やクッパ城、キノコ王国が忠実に再現され、マリオ目線で冒険できる。「本物」のマリオカートや、「ヨッシー」の背中に乗れる家族向けのライドアトラクション、さらにはショップ、レストランが軒を連ねる予定だ。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
「ボスバトル」にも参戦可能
MONO TRENDY連載記事一覧