部屋干し・ダニ対策… 布団乾燥機、4年で需要2倍超大河原克行のデータで見るファクト

布団乾燥機の市場が広がっている(写真はイメージ=PIXTA)
布団乾燥機の市場が広がっている(写真はイメージ=PIXTA)

寒い日が続くと、温かい布団がうれしく感じる。そう思う人は多いようで、寒い冬場に温かい布団を求めて、布団乾燥機を利用している人が増えているようだ。一般社団法人日本電機工業会によると、2015年度には年間65万9000台だった布団乾燥機の国内出荷台数は、2019年度には160万台に達すると予測されており、4年間で2.5倍に近い規模にまで市場は拡大している。

布団乾燥機の出荷実績推移(出典:一般社団法人日本電機工業会)

布団乾燥機が売れ始めている理由はいくつかある。

一つは、布団乾燥機そのものの使い勝手が大幅に改善されているという点だ。

マット不要な製品が主流に

かつての布団乾燥機は、布団の間に乾燥マットを入れる必要があったが、昨今の製品ではそれが不要にしたものが主流だ。一度乾燥マットを敷いて、その上に布団をかけるという手間がなくなり、布団の間にノズルを差し込むだけでいい。

たとえば、シャープの場合、きのこの形状を採用した「きのこアタッチメント」を採用し、マットなしで暖かい空気を充満させることができる。シメジなどの群生する小さなきのこが、胞子を遠くへ拡散するために風の流れを整える仕組みに着目して、これを模倣。力強い風を遠くまで届けることができるようにしたという。

シャープの布団乾燥機「UD-CF1」。きのこの形状を模した「きのこアタッチメント」を採用した

従来モデルでは、大型のきのこを模倣していたが、小さなきのこの形状を採用することで、より効率化。本体の体積は約43%、重量は23%減という小型、軽量化を実現し、奥行きは135mmに収めているため、ベッドの下に収納したり、収納棚にしまったりといったことも可能になっている。布団乾燥機は収納場所に困るという、これまでの課題を解決することにも成功した製品だ。

また、日立グローバルライフソリューションズでは、「V字型 ふとん乾燥アタッチメント」を採用し、約28分というスピード乾燥を実現。忙しくて時間がないときでもすばやく快適に温めてくれる。「冬場に限らず、冷房の効いた部屋で過ごすことの多い夏でも、放熱のために足もとを温めることは重要。「暖めコース」を利用すれば、約5分で足もとを温めることができ、「寝る支度をしている短時間で足もと部分を温めて、快適に寝ることができる」という。

パナソニックの布団乾燥機では、独自の「すぐぽかノズル」を採用。布団の中に空間を作り、敷き布団への下向き温風と、掛け布団への上昇温風を効率的に送り込み、布団の広範囲にすばやく温風を広げ、消費電力を抑えながら、しっかりと温めと乾燥ができる。乾燥マットを使用しない手軽さを訴えている。

三菱電機のように、乾燥マット方式にこだわっているメーカーもある。

同社では、「布団のすみずみまで、きちんと快適に、清潔に乾かすためにマット式にこだわっている。風路を工夫したマットの研究、開発により、マット式ならではの満足度の高い仕上がりを目指した」としている。しっかりとした温めを実現したい人にはお薦めだ。

ちなみに、三菱電機の布団乾燥機では、部屋の温度に合わせて、布団乾燥および温めの仕上げ温度をおまかせで調節。夏はサラッとさわやかに、冬はしっかりと温かく、春秋はほどよいぬくもりといったように、季節に合わせた使い方も可能になっている。

外干しが難しくなってきている

二つめには、布団の天日干しが難しくなってきていること。PM2.5や黄砂、花粉といった大気への不安があったり、高層マンションなどでベランダでの布団干しを禁止するケースが増えたりしている。

高齢者の増加も影響している。ベランダへの布団干しは、高齢者には身体的負担が大きいのは確かだ。布団を移動させずに、片手で持ち運ぶことができる布団乾燥機を使って、布団を乾燥し、温めることができれば、身体的負担が大幅に軽減されることになる。

家族が多い世帯でも同様のメリットを生む。