いつものティータイムが華やかに 老舗マグカップ10選

ちょっとぜいたくな時間を演出する老舗ブランドのマグカップ。日経ウーマノミクス・プロジェクトの女性会員108人に、自分が使ってみたいマグカップを選んでもらった。

■1位 ウェッジウッド(英国)
「ワイルドストロベリー カジュアル 蓋付きマグ」1320ポイント
野イチゴの柄、ティータイム華やか

1759年に創業。ぬくもりのある乳白色に定評がある。蓋付きマグは2019年に創業260年を記念して発売した。ブランドへの信頼感と使い勝手のいい定番柄のバリエーションに支持が集まった。

「ワイルドストロベリー カジュアル」は、野イチゴと花と金彩を組み合わせた代表柄から金彩を抜いて電子レンジに対応したデザイン。伝統的な「転写」技法で絵付けをしている。「ティータイムの気分を華やかにしてくれる。眺めているだけで気分が上がる」(50歳)、「一日中どんなシーンでも使える」(48)などの声が寄せられた。

蓋は茶葉を蒸らしたり、小皿やコースターとして使ったりできる。「濃いめのミルクティーを注ぎ、優雅なひとときを楽しみたい」(55)。蓋の裏側まで柄を施してあるのも好評だった。

(1)希望小売価格またはネット直販価格(税込み) 1個8250円(2)問い合わせ先 電話03・6380・8159(ウェッジウッド)(3)電子レンジ・食洗機への対応 可

■2位 ニッコー(日本)
「スパングルス マグ」870ポイント
キラキラ、友人と楽しむ金の絵付け

ニッコーは1908年、旧加賀藩主の前田家などの出資を受け、金沢市で「日本硬質陶器」として創業した。キラキラと華やかなスパンコールの柄が特徴で、絵付けに本物の金やプラチナを使っている。「カラフルで友人が来たときに盛り上がりそう」(33)

日本産業規格では、ボーンチャイナには動物の骨などを原料にしたリン酸三カルシウムを質量の3割以上使うよう規定している。ニッコーではこれを約5割使い透明感を高めた。ハンドルは幅が狭めで、女性が指を2本入れてもしっくりくる設計になっている。すべて石川県の自社工場で製造している。「軽くてかわいい。ティータイムが楽しみになる。価格も手ごろ」(28)。一方で「電子レンジ不可はマイナス点」(42)との声も。

(1)4400円(2)電話076・276・2172(ニッコー)(3)電子レンジ不可・食洗機可

■3位 ロイヤルコペンハーゲン(デンマーク)
「ブルーフルーテッド プレイン ハイハンドルマグ」830ポイント
手描きの青、伝統の「プレミアム感」

1775年にデンマークの王立製陶所として設立。「飽きの来ないデザイン。落ち着いて大人の時間を楽しめる」(44)、「憧れのブランド。一人の時間がぜいたくになる」(56)など伝統からくる「プレミアム感」が支持を集めた。

老舗でも転写紙から絵柄を写す手法の製品が多いが、職人が野菊などを手描きしている。「手描き模様がシンプルで美しい」(55)。ハンドルの使いやすさも評価が高い。古代ローマのオリーブ油のつぼから発想し、熱いカップに指が直接触れない形状だ。

(1)1万3200円(2)電話0120・665・827(ロイヤルコペンハーゲン)(3)電子レンジ・食洗機可

■4位 ビレロイ&ボッホ(ドイツ)
「ニューウェイブカフェ マグ」 680ポイント
ハンドル、目を引くデザイン

1748年にロレーヌ公国(現フランス領)で創業し、1836年にドイツで2つの創業家が現在の会社を設立した。飲み口の部分がハンドルへとつながっていく個性的なデザイン。「デスクにあったらインスピレーションがピピッときそう。奇抜すぎないデザインがいい」(55)、「目を引くデザインだが使いやすそう」(52)。

(1)4400円(2)電話03・3847・6860(エッセンコーポレーション)(3)電子レンジ・食洗機可

■5位 リチャードジノリ(イタリア)
「オリエンテイタリアーノ チトリーノ フタ付きマグカップ」610ポイント
蓋付きで容量たっぷり

1735年にイタリアの貴族が創設。フィレンツェ製にこだわる。同グループの高級ブランド「グッチ」のデザイナーがプロデュース。黄水晶をイメージした黄色に、紺色のカーネーションなどを絵付けした。容量が400ミリリットルと多め。「長く飲めて冷めにくい」(32)。

(1)1万7600円(2)電話03・3222・1735(リチャードジノリ・アジアパシフィック)(3)電子レンジ可・手洗い推奨

注目記事
次のページ
マグカップは和製英語
今こそ始める学び特集