津田大介 「変わらないiPhone」で感じたスマホの変化

iPhone 11 Pro、Apple Watch、AirPods Proを購入した津田大介氏。3台を使って見えてきたこととは?
iPhone 11 Pro、Apple Watch、AirPods Proを購入した津田大介氏。3台を使って見えてきたこととは?

ジャーナリストの津田大介氏が、興味のあるモノやサービスを取り上げている本連載。今回は津田氏が最近購入したアップル製品を振り返る。購入したのは、「iPhone 11 Pro」「Apple Watch Series 5」「AirPods Pro」。それぞれの長所、短所を振り返りながら見えてきたのは、スマホを取り巻く状況の変化だった。

◇  ◇  ◇

2008年に日本で初めてiPhone 3Gが発売されて以来、僕はiPhoneの新機種が登場するたびに買い替えていた。しかし、18年9月に発売された「iPhone XS」は初めて購入を見送った(記事「津田大介 僕が新iPhone購入を初めて見送った理由」参照)。大きな理由は、「買い替えたい」と購買意欲がそそられるほどの進化を、iPhone XSに感じなかったからだ。

19年、2年ぶりに新機種の「iPhone 11 Pro」を購入した。実際に使ってみた正直な感想は、今まで使っていたiPhone Xと「驚くほど変わらない」だった。

iPhone 11 Proを使った印象は「(iPhone Xと比べて)驚くほど変わっていない」だったという

確かにカメラは、iPhone Xに比べて進化している。暗闇での撮影は明らかにきれいで、話題の超広角レンズも重宝する。バッテリーも長持ちするようになった。ただ、それらの進化はある意味、想定内。「この機能を使いたいから買い替える」といった魅力はiPhone 11 Proに見当たらなかった。

一方で「3Dタッチ」が非対応になったことは、僕にとって明らかな退化だった。従来は強く押し込めばすぐに表示されたが、現在は「触角タッチ」が搭載されて長押しする必要がある。コンマ数秒の違いだが、実際に使い比べると意外とストレスがたまる。アプリの閲覧やQRコード撮影など、様々なシーンで重宝していただけに残念だ。

もちろん細部は旧機種から進化しているが、毎年買い替えるとなると、現在のiPhoneの価格は決して安くない。次に出る新モデルもよほど革新的な機能がない限り見送ろうと思っている。明らかに進化のスピードは遅くなっているので、「新モデルが出るたびに買い替える」というサイクルに戻ることは、もうないかもしれない。

注目記事
次のページ
Apple Watchがついに常時表示機能を搭載
今こそ始める学び特集