直接触れるお宝とは… 国宝の常識、あなたは分かる?

ライトアップされた国宝の迎賓館赤坂離宮(東京・港)

珠玉の美術品や建物など、国宝は各地にある。選び抜かれた「私たちの宝」なのに、知らないことも多い。クイズで1000人に聞き、回答を間違った人が多い順にランキングした。

■1位 国宝が多い都道府県は? 894人
(1)東京 (2)京都 (3)奈良

国宝の件数は東京(281)、京都(234)、奈良(203)の順で多い(2019年12月1日現在)。全体の64%がこの3都府県に集中する。東京が1位なのは博物館や美術館が多いためだ。例えば、東京国立博物館(東京・台東)は89件の国宝を所蔵する。正答率は11%と極めて低く、誤答は京都が54%、奈良が35%だった。

東京には建物の国宝は2つしかないが、その1つが東京のど真ん中の赤坂に東京ドーム2.5倍の敷地を持つ迎賓館赤坂離宮だ。海外の要人を迎える日本を代表する建物で、近代洋風建築の到達点と評される。1909年の創建から100年後の2009年に、明治以降の文化財としては初めて国宝に指定された。16年度から通年で一般公開され、本館と庭園は水曜日の定休以外は予約不要で参観できる(10~17時、受付は16時まで)。写真のライトアップは連休時など年数回のみ。

<正解は(1)>

■2位 国宝でないのは? 848人 
(1)羽黒山五重塔(山形) (2)金閣寺(京都) (3)富岡製糸場(群馬)

羽黒山の五重塔は東北最古の塔とされる国宝。富岡製糸場は2014年世界遺産登録され、国宝にも指定された。金閣寺は国宝だったが、1950年の放火で焼失し国宝指定が解除。再建後、94年世界遺産に登録された。沖縄県の首里城も戦前は国宝。沖縄戦で焼失したが、首里城跡として2000年世界遺産登録。復元された正殿などは19年に焼失した。

<正解は(2)>

■3位 国宝の総数は? 745人 
(1)1120 (2)3280 (3)1万3275

文化財保護法で指定した重要文化財のうち「世界文化の見地から価値の高いもので、たぐいない国民の宝たるもの」を国宝に指定できる。つまり重要文化財から厳選したお宝が国宝だ。(3)1万3275は重要文化財の件数(国宝の1120件を含む、19年12月現在)。(2)3280は史跡名勝天然記念物の件数(同)。(2)の誤答が52%と多かった。国宝は絵画や仏像、刀剣などの美術工芸品と建造物の2種類ある。

<正解は(1)>

観音菩薩立像(百済観音)法隆寺蔵(3月13日~5月10日、東京国立博物館で開催の特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」で展示)
風神雷神図屏風(俵屋宗達筆)建仁寺蔵
太刀 三条宗近(名物 三日月宗近)東京国立博物館蔵(9月8日~11月29日、本館13室で展示)

■4位 三十三間堂の千手観音坐像、実際の手の数は? 679人
(1)33本 (2)42本 (3)108本

三十三間堂(蓮華王院)の中央に安置されるのが像高約3.5メートルの千手観音坐像(ざぞう)。内陣の柱と柱の間が33あることから三十三間堂と名付けられたお堂とともに国宝指定。合掌した手を含めた42本の手で「千手」を表す。千は無限の意味を持ち観音の慈悲深さと力の広大さを表現する。左右にある計1001体の等身大の千手観音立像も18年に国宝に指定された。煩悩の数とされる108に引きずられてか(3)の誤答が52%と最多。

<正解は(2)>

■5位 国宝に指定された作品がないのは? 543人
(1)雪舟 (2)俵屋宗達 (3)葛飾北斎

水墨画家の雪舟は国宝作品が6点、俵屋宗達も風神雷神図など3点の国宝作品がある。一方、冨獄三十六景などの浮世絵を描き、国内外の画家に影響を与えた葛飾北斎の作品に国宝はない。実は、日本絵画の象徴的な存在である浮世絵には、重要文化財はあるものの国宝が1つもない。浮世絵は複製が可能な版画が多いためだ。北斎の代表作「神奈川沖浪裏」(写真)も海外含め本物が多数ある。

<正解は(3)>


次のページ
個人所有や海外渡来品も