「子守」が始まったのは3億年前? 新種化石に証拠

日経ナショナル ジオグラフィック社

2020/1/18
ナショナルジオグラフィック日本版

孵化後の子守は「長期保育」とも呼ばれ、鳥類、爬虫類、哺乳類、魚類、両生類などの現在の脊椎動物の多くに共通して見られる特徴だ。今回見つかったバラノピド科の新種(イラスト)は、脊椎動物の祖先が複雑な子守をすることを示す最古の証拠かもしれない(ILLUSTRATION BY HENRY SHARPE)

カナダ東部、ノバスコシア州のケープブレトン島。今は典型的な北方林が広がるこの島は、3億6000万年前から3億年前ごろの石炭紀と呼ばれる時代、太古の巨大植物が茂る亜熱帯の湿地だった。

化石になって残るそれらの幹や根の中からは、当時このあたりに生息していた動物の化石が数多く見つかっている。ぐちゃぐちゃになってしまった化石も多いが、なかには生きているそのままで埋もれてしまったかのような保存状態の良いものもある。

今回、この島で石炭紀の生物の新種が見つかったほか、当時から「複雑な子守」が行われていた可能性も浮上している。2019年12月23日付けの学術誌「Nature Ecology & Evolution」に論文が発表された。

寄り添うようにして見つかった

論文によると、今回出土したのは約3億900万年前のバラノピド科の化石。見た目はトカゲのようなバラノピド科は、哺乳類の祖先に当たる単弓類に属すると考えられてきたグループだ。今回の化石の足の後ろには、尻尾で取り巻いた状態の小さな頭骨も見つかった。成体と同じ種の幼体のものに見える。

「このグループの動物では、これまで見つかった中で最古の子守の例だと考えています」と、論文の共著者で、カナダ、カールトン大学の古生物学者であるヒラリー・マディン氏は話す。

化石から子守のような行動を推定するのは、少し飛躍しすぎと感じるかもしれない。しかし、バラノピド科の生物が大小寄り添うようにして見つかった化石は、これが初めてではない。以前に南アフリカで見つかった化石では、成長した個体が前足で複数の子どもたちを覆い、まるで子どもを守ろうとしているように見える。今回カナダで見つかった化石もそれに似ているが、4000万年ほど古い。

オーストラリアのタスマニア大学でトカゲの子守について研究している進化生態学者のジェフリー・ホワイル氏は、「もちろん直接見ているわけではないので、複雑な行動を推測する場合は十分注意する必要があります」と述べる。「しかし、この化石は親子の交流の証拠と解釈できます。また、こうした交流がなければ、子守がさらに複雑な形態に進化することはありません」

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
子守の進化解明へのカギ
ナショジオメルマガ