海外ドラマ『パッセージ』 新種のモンスターで人気に2019年11月 海外ドラマ月間レンタルランキング

日経エンタテインメント!

海外ドラマで人気のジャンルとなっているのがパンデミック(世界的な感染の流行)もの。『ウォーキング・デッド』に代表されるゾンビものが主流だが、ヴァンパイア(吸血鬼)の要素を取り入れて、新たなヒット作となったのが『パッセージ』だ。TSUTAYA海外ドラマ月間レンタルランキング11月度では2位に初登場した。

『パッセージ』 (C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
TSUTAYA調べ、1巻平均のレンタル数をランキング化したもの

『パッセージ』は、人類滅亡の危機が迫る近未来を舞台に、新薬実験を企てる政府の秘密組織に追われる少女と、彼女の唯一の味方である連邦捜査官の逃亡劇を描くSFサスペンス・アクション。全米では今年1月からFOXで放送が始まった。

原作はスティーヴン・キングが絶賛したという、ジャスティン・クローニンの全米ベストセラー小説。製作総指揮にあたったのはリドリー・スコットとマット・リーブスら。リドリー・スコットは『エイリアン』『ブレードランナー』などの監督で知られる映画界の巨匠だが、『グッド・ワイフ 彼女の評決』『高い城の男』など人気のテレビシリーズも数多く手がけている。マット・リーブスは『クローバーフィールド HAKAISHA』『猿の惑星:新世紀』などの映画で監督を務めており、SFサスペンスのヒットメーカーたちが手を組んだ話題作だ。

人間の生き血をすするモンスターと化した被験者(C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

ストーリーはこうだ。ボリビアで見つかった謎のウイルスから新薬の開発を目指す「プロジェクト・ノア」が始動する。開発を急ぐ研究者たちは、新薬の鍵は「若さ」にあるとして、被験者として10歳で母親を失った少女エイミーを連れてくるように、連邦捜査官ブラッドに指示を出す。しかし、娘を亡くした過去を持つブラッドは、ノアを裏切りエイミーを助けようと決意。2人の逃亡劇が始まる、一方、ノアでは謎の幻覚や悪夢に悩まされる研究者が続出。その原因は、実験の副作用によって人間の生き血をすするモンスターへと変貌した被験者たちだった……。

少女と捜査官の絆に感動も

『パッセージ』20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

人類滅亡の危機、政府の陰謀、パンデミックと、近年テレビドラマで流行の要素を詰め込んだだけに、スリリングなアクション描写が見どころだが、他の作品と一線を画しているのが、少女と捜査官という異色のコンビを主人公としたこと。捜査官ブラッド役のマーク=ポール・ゴスラーが父親のような愛情に満ちた男を好演しており、少女を守り抜こうと奮闘する姿は感動を呼ぶ。また、被験者が変貌したモンスターはヴァンパイアの要素を持ちつつも、テレパシーで人間を操るなどの高等な能力も持つ新種のキャラクター。人間とモンスターの心理戦ともいうべき攻防も見応えがある。

TSUTAYAマーケティングカンパニー UX・MD部 映像レンタルの後藤信之氏によると、「レンタルユーザーのメインは50~60代。SFサスペンスを好む、海外ドラマのコアファンに強く支持されています」という。近年はゾンビものが数多くリリースされ飽和状態気味とあって、新しい刺激を求めるファンに『パッセージ』は格好の新作となったようだ。

(日経エンタテインメント! 小川仁志)

エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧